レンズからセンサーまでをユニット化し手ブレ低減

ソニー、「空間光学手ブレ補正機能」搭載のPJ内蔵“ハンディカム”「HDR-PJ760V」

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月11日
ソニーは、デジタルビデオカメラ“ハンディカム”の新製品7モデルを発売する。ラインナップは下記のとおり。

■HDR-TD20V ¥OPEN(予想実売価格150,000円前後)
■HDR-PJ760V ¥OPEN(予想実売価格140,000円前後)
■HDR-CX720V ¥OPEN(予想実売価格120,000円前後)
■HDR-PJ590V ¥OPEN(予想実売価格100,000円前後)
■HDR-CX590V ¥OPEN(予想実売価格95,000円前後)
■HDR-CX270V ¥OPEN(予想実売価格65,000円前後)
■HDR-PJ210 ¥OPEN(予想実売価格55,000円前後)

本稿では、3月9日より発売される、新開発の「空間光学手ブレ補正機能」やプロジェクター機能を備えた「HDR-PJ760V」についてお伝えする。

HDR-PJ760V

モニター部を開いたところ

有効2,410万画素(静止画撮影時)/600万画素(動画撮影時)の1/2.88型“Exmor R”CMOSセンサーを採用。記録媒体として96GBのフラッシュメモリーを内蔵するほか、外部記録メディアとしてメモリースティック PROデュオ/メモリースティック PRO-HGデュオのほか、SDXC/SDHC/SDメモリーカードが使える。

レンズにはハンディカム史上最大となる広角26mmの「カールツァイス バリオゾナー T*レンズ」を採用。絞りの形状が真円に近い6枚羽根構造の虹彩絞りを採用したアイリス機構を搭載し、ボケ味豊かな撮影を可能にしている。フィルター口径は52mm。また本体にはステップダウンリングが同梱されており、ワイド/テレコンバージョンレンズの装着にも対応する。

グリップ部分にはシボがあり滑りにくくなっている

操作スイッチを集中的に配置したEVF側

動画撮影時の光学ズームは10倍対応で、「エクステンデッドズーム」機能では17倍までの高画質ズームが可能だ。

本体搭載の液晶モニターは3.0型のサイズで、約92.1万ドット表示に対応。タッチパネル操作によるオペレーションが可能だ。また、可動式の電子ビューファインダーも備えている。

■新開発「空間光学手ブレ補正機能」を搭載

本機の大きな特徴のひとつが、新開発の「空間光学手ブレ補正機能」を搭載している点だ。

これまでのモデルは、カメラ自体が動くとレンズとCMOSセンサーの間にズレが発生するため、センサーに入る信号を電気的に補正し、ブレを軽減するしくみを取っていた。しかし「空間光学手ブレ補正機能」は、レンズからCMOSまでを1ユニット化し、カメラ自体が動いてもレンズ-CMOSセンサーのユニットをなるべく動かさない構造とすることで、手ブレを抑制する。レンズ − CMOSセンサーユニットは縦横2軸方向に大きく動き、手ブレを吸収・補正。回転ブレについてはBIONZで補正を行う。同社は従来モデルと比較し、ワイドでもズームでも約13倍ブレない、とその性能を大きく謳っている。

空間光学手ブレ補正の概要

特にテレ側でその効果を発揮する

また、レンズ − センサー間の理想的な光学配置が保持されるため、手ブレ補正時も解像度の劣化が少なく明るい映像を撮影できるのもメリットだという。

「空間光学手ブレ補正機能」はON/OFFが可能。今後は業務用モデルなどへも導入を検討しているとのことだ。

本機のスケルトンモデル。レンズとセンサーを一体化したユニットを用い、手ブレ補正を低減した


■最大100インチ投影が可能なプロジェクター機能

もうひとつの大きな特徴が、プロジェクター機能だ。前モデル「HDR-PJ40V」と比較し、最大投影サイズが大きくなったほか、明るさが向上した点がポイント。

プロジェクター機能を搭載

ディスプレイ部の外側にプロジェクター投映用レンズを装備

5mの距離から最大100インチの画面投影が可能となり、明るさは10ルーメンから20ルーメンへと向上した、解像度640×380ピクセル。

また本体にはフルデジタルアンプ「S-Master」や、音響特性をデジタル処理で最適化するクリアフェーズ、高音質ステレオスピーカーを搭載しており、撮った映像をカメラ一台で大画面投写して、収録時のサウンドも高品位に再現して楽しむことができる。

音質も進化させた

更に、操作性も改善。プロジェクター投影時も、ディスプレイをタッチして再生開始/音量調整/早送りなどの操作を行うことができるようになった。


■マニュアル撮影モードや音声記録機能、GPS機能が進化

フォーカスやホワイトバランス、明るさ、AEシフトに加えて、絞り優先、シャッタースピード優先など充実のマニュアル機能も装備。撮影中の映像の、輝度の高い部分だけに縞状の模様を付けて液晶画面やビューファインダーに表示できる「ゼブラ表示」や、画面の輪郭を強調して表示する「ピーキング表示」、そして本モデルで新たに加わった、マニュアル撮影時にゲインアップに上限を付けることでノイズ低減を図るAGCリミット機能など、豊富なアシスト機能も搭載する。また90種類のシーンを自動で最適な映像に設定する「おまかせオート」や、高速でピントが合わせられる「瞬間フォーカス」、タッチパネル液晶と連動した「追尾フォーカス」などの機能も充実している。

音声記録は本体に5.1chサラウンドマイクを搭載する。5.1ch音声記録に対応し、各チャンネルの音量モニターが行えるレベルメーターが液晶モニター内に表示できる。また、「アドバンストサウンドプロセッサー」機能として、マイク部にあたるウィンドノイズを低減できる「風きり音ノイズ低減」機能を前モデルから更に進化。さらに顔認識機能と連動し、人を撮影している際周囲のノイズをカットし声をはっきり聞こえるようにする「くっきり音声」機能も搭載した。

そのほか、液晶メニューは迷うことなく使い方が分かるユーザーインターフェースを採用。静止画撮影時の画像サイズ選択も簡単に行えるようになったほか、静止画用設定を動画用にも自動的に引き継げるようになった。

さらに、よく使う機能3種類を登録し、常に画面にアイコンを表示させられる「ダイレクトタッチアイコン」にも対応した。

そのほか、写真や映像の撮影時間やGPSデータによる撮影位置をカメラが自動分析して、イベントごとに閲覧できる「イベントブラウズ」機能も搭載。GPS機能と連動した「マップビュー」機能も備える。GPSは対応エリアが45エリアから79エリアまで増強。地図も更に詳細になったという。
新着記事を見る
  • ジャンルメモリームービー
  • ブランドSONY
  • 型番HDR-PJ760V
  • 発売日2012年3月9日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格140,000円前後)

関連記事