業務用機として初の防塵・防滴モデル「HXR-NX70J」も

ソニー、Eマウント採用機「NEX-FS100」など業務用NXCAMカムコーダー2製品を発表

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月23日
ソニーは、Eマウントを採用した「NEX-FS100」など業務用NXCAMカムコーダー2製品を2011年度第2四半期に発売すると発表した。

■Eマウント採用機「NEX-FS100」
NEX-FS100JK(レンズ付属モデル) 690,900円(税込)
NEX-FS100J(本体ボディのみ) 627,900円(税込)

NEX-FS100

一般的な映画撮影用フィルム「スーパー35mm」相当の撮像面積を持つ「“Exmor” Super35 CMOSセンサー」を搭載し、レンズ交換のシステムに“ハンディカム”「NEX-VG10」などと共通のEマウントを採用したモデル。2010年11月に開発が明らかにされ(関連ニュース)、2月に開催された「CP+」でも参考展示されていたモデル(関連ニュース)が正式に発表された格好だ。

マウントアダプター「LA-EA1」を使用すれば、αマウントレンズも装着可能。もちろん他社製マウントアダプターも使用可能で、様々な種類のレンズを装着できる。

記録フォーマットには、従来のNXCAMシリーズと同じワークフローを活用することができるようAVCHD/MPEG2-SDを採用。さらに、MPEG-4 AVC/H.264方式を用いた1080/60p記録にも対応している。

■業務用カムコーダー初の防塵・防滴仕様モデル「HXR-NX70J」
HXR-NX70J 330,750円(税込)

HXR-NX70J

JIS保護等級IP54相当の防塵・防滴を備えたモデル。従来はレインカバーやハウジングが必要であった場面においても、本体のみで運用できるようにした。2011年3月時点では初めて防塵・防滴仕様とした業務用カムコーダーだという。

撮像素子には、裏面照射技術を採用した1/2.88インチ“Exmor R”CMOSセンサーを搭載。また、独自規格による1080/60p記録にも対応している。

関連記事