新開発「デュアルレンズシステム」搭載モデルなど

ソニー、フルHD撮影対応の業務用2眼式3Dカムコーダー2機種を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年04月11日
ソニーは、肩乗せスタイルでの撮影が可能な「PMW-TD300」などフルHD 3D撮影に対応する業務用カムコーダー2機種を発売する。

PMW-TD300 ¥2,887,500(税込) 2011年3Q発売
HXR-NX3D1J ¥346,500(税込) 2011年2Q発売


PMW-TD300

HXR-NX3D1J
PMW-TD300は、有効画素数1,920×1,080ドットの1/2型“Exmor”フルHD 3CMOSイメージセンサーを左右それぞれに搭載する二眼式一体型のショルダーカムコーダー。左右それぞれ独立したレンズとセンサー、収録部を一体型とすることにより、2台のカメラをリグに搭載するタイプと違い、左右のカメラ調整を簡便にした。また、三脚に乗せずに肩に乗せて自由なアングルで撮影できるようにもなった。

RGB3板式光学ユニットを2式搭載する。液晶ビューファインダーは3.5型カラーLCD。

新開発の「デュアルレンズシステム」により、左右レンズのフォーカス、ズーム、アイリス動作を連動させて操作することができる。また、レンズ中心間距離を45mmと短く設計することにより、3D撮影時におけるカメラ − 被写体間の最適距離の幅広い設定が可能となった。最短コンバージェンスポイントは1.2m。

ビデオ記録フォーマットは、MPEG-2 Long GOP(HQモードで35Mbps、SPモードで25Mbps)で、音声記録フォーマットはリニアPCM(4ch/16bit/48kHz)。記録メディアはSxSメモリーカードなど“XDCAM EX”シリーズ製品と共通のものを採用している。最大記録時間は、64GBメモリーカード×4装着のHQモード記録時で約400分。

左右の映像はそれぞれ2枚のSxSメモリーカードに収録される。2枚のメモリーカードをまたいで連続しての収録が可能で、64GBのSxSメモリーカードを4枚装着することにより、6時間を超える3D撮影を行うことができる。

左側のレンズのみを仕様した2D撮影にも対応する。その際、SxSメモリーカードは左側映像用のスロットにのみ装着すれば良い。

また、コンバージェンスコントロールダイヤルを装備し、コンバージェンスコントロールに対応するほか、HD-SDI出力(L/R 2出力、オーディオ/TCエンベデッド)、HDMI出力(3D/2D)に対応。ゲンロック入力/TC入出力装備により、マルチカメラ収録にも対応する。

HXR-NX3D1Jは、レンズの基線長31mmの間隔で平行にセッティングすることで、本体サイズ約124.5W×135.5H×253.5Dmm、質量約725g(バッテリー含む)のコンパクトな筐体を実現。クリアビット配列1/4型“Exmor R”CMOSセンサーと光学10倍レンズを左右2組搭載した小型二眼式となる。総画素数は約420万画素。

モニターには、122.9万ドットで視差バリア方式の裸眼3D液晶パネルを搭載しており、撮影しながら3D映像の確認が可能。3D出力形式は、フレームパッキングとサイド・バイ・サイドに対応する。

3D記録モードには28Mbps MVCフォーマットを採用し、1,920×1,080ドットのフルHD(60i/50i/24p)に対応。28Mbps MVCは“Blu-ray 3”規格の記録フォーマットで、本機で撮影した3D映像をBDディスクにも記録できる。

また、ソニー製民生用ビデオカメラ“Handycam”シリーズで培った「手ぶれ補正機能」を、3D映像撮影に適合させて搭載。光学10倍ズーム、広角34.4mm(35mm換算値)で撮影可能で、上下、左右方向に加え回転方向も含めた3方向手ぶれ補正技術「Active SteadyShot」が機能する。これによって、左右の映像のリアルタイム処理が可能となり、手ぶれ補正で安定した3D映像が記録できる。

ビデオ記録方式は、3DがMVC、HD画質がMPEG-4 AVC/H.264 AVCHD(1080/60p)、SD画質がMPEG-2 PS。音声記録方式はリニアPCM 2ch(48kHz/16bit・HD画質のみ)と、ドルビーデジタル 2ch(48kHz/16bit)。

内蔵メモリーは96GBで、3DはHD FXモード(24Mbps)時で約7.5時間、HDはSD(9Mbps)時で約9時間、SDで同じく約24時間の長時間記録が可能となる。記録メディアは、“メモリースティックPROデュオ”(Mark2)/“メモリースティックPRO-HGデュオ”/“メモリースティックPRO-HGデュオ”HX、SD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応する。

本体にはHDMI1.4aに対応したHDMI出力端子を装備しており、3D映像出力形式は、フレームパッキングまたはサイド・バイ・サイドを任意に選択できる。そのほか、HDMIミニコネクター端子、A/Vリモート端子、コンポーネント、映像出力兼用端子×1、ヘッドホン端子、ステレオミニジャック(φ〈ファイ〉3.5mm)×1、USB端子 mini-AB×1、INPUT 1/INPUT 2端子、XLRタイプ3ピン(凹)×2(付属のXLRアダプターを使用)、MIC入力端子、ステレオミニジャック(φ〈ファイ〉3.5mm)×1を備える。

そのほか、業務用マイクを使用するためのXLRアダプターを付属しており、入力レベル、アッテネーター、ローカットフィルターなどの設定が可能。

関連記事