プラズマテレビやBDレコーダーはパナソニックがトップ

「BCNランキング」での各ジャンル上半期ナンバー1メーカーが発表に − 液晶TVはシャープが2冠

ファイル・ウェブ編集部
2011年07月20日
(株)BCNは、同社が集計している「BCNランキング」における106ジャンルについて2011年上半期(1月〜6月)に最も販売数量が多かった「上半期No.1メーカー」を発表した。

ジャンルごとでは、「液晶テレビ(40インチ以上)」「液晶テレビ(40インチ未満)」の2ジャンルでシャープがトップ獲得。「プラズマテレビ」はパナソニックがトップを獲得した。

また、急速に市場が立ち上がってきているスマートフォンとスレートPCでは、アップルが首位に。携帯オーディオ部門は、半期を通じてソニーがNo.1になった。

なお、市場規模で見ると2011年上半期のPC・デジタル家電市場は、前年同期比で、販売数量が8.3%増、販売金額が5.3%減。テレビ市場は、アナログ放送の停波を目前に控え、前年同期比で販売数量が29.9%増、販売金額は10.6%減だった。3月は震災の影響で台数3.2%減、金額22.4%の大幅減になったものの、4月以降は薄型テレビなどの地デジ化需要がけん引し、台数がプラスに転じた。6月には台数120.9%、金額は125.1%と伸び率が拡大した。

そのほかAV機器関連のジャンルでは、「BDレコーダー」がパナソニック、「デジタルビデオカメラ」がソニー、「ヘッドホン・イヤホン」でオーディオテクニカが1位を獲得するなどしている。AV機器関連ジャンルでの主な結果は下記の通り。

・液晶テレビ(40インチ以上):シャープ(シェア45.3%)
・液晶テレビ(40インチ未満):シャープ(シェア36.9%)
・プラズマテレビ:パナソニック(シェア78.3%)
・BDレコーダー:パナソニック(シェア33.0%)
・BDプレーヤー:東芝(シェア21.6%)
・プロジェクター:セイコーエプソン/エプソン販売(シェア41.3%)
・サラウンドシステム:オンキヨー(シェア18.8%)
・ヘッドホン・イヤホン:オーディオテクニカ(シェア25.7%)
・携帯オーディオ:ソニー(シェア52.1%)
・デジタルカメラ(レンズ一体型):キヤノン(シェア17.9%)
・デジタルカメラ(レンズ交換型):キヤノン(シェア29.1%)
・ミラーレス一眼:オリンパスイメージング(シェア38.7%)
・デジタルビデオカメラ:ソニー(シェア28.5%)
・スマートフォン:アップルジャパン(シェア23.4%)
・デスクトップPC:日本電気(シェア26.0%)
・ノートPC:東芝(シェア20.2%)
・スレートPC:アップルジャパン(シェア84.7%)
・BDメディア:イメーション(シェア23.1%)

関連リンク

関連記事