2012年3月末まで引き続き協議

ソニー、シャープ堺工場への追加出資を留保

ファイル・ウェブ編集部
2011年04月27日
シャープ(株)とソニー(株)は、大型液晶パネル及び液晶モジュールの製造・販売事業に関する合弁契約を修正すると発表。合弁会社であるシャープディスプレイプロダクト(SDP)へのソニーの追加出資を留保し、今後協議を続けていくとした。

両社は、2009年7月に合弁契約を締結(関連ニュース)。SDPに対し、合弁契約の条件に従い、2011年4月末までにソニーが最大で34%まで段階的に出資することが合意されていた。両社では今回本契約に対する修正の覚書を締結。出資を留保すべくこの合意を修正し、ソニーによるSDPへの今後の出資につき、2012年3月末まで引き続き協議を行っていくとした。

SDPは、シャープが大阪府堺市に建設した液晶パネル工場を2009年7月1日に承継し、同年12月29日に実施した第三者割当増資でソニーから100億円(出資比率:7.04%)の出資を受け、同日付けでシャープとソニーの合弁会社となっていた。なお、本日時点において、ソニーからSDPへの追加の出資は行われていない。

関連リンク

関連記事