2011年第1四半期における出荷実績

JEITA、3D対応製品とIPTV対応テレビの出荷実績を発表 − 37型以上では15%が3D対応に

ファイル・ウェブ編集部
2011年04月27日
電子情報技術産業協会(JEITA)は、2011年第1四半期における3D対応製品、およびIPTV対応テレビの出荷実績を発表した。

■37型以上のテレビは15%が3D対応に − レコーダー/プレーヤーも半数に迫る構成比

3D 薄型テレビ国内出荷は19万5千台。薄型テレビ全体における構成比は3.7%となった。なお、37型以上に限定すれば構成比は約15%に上る。

3D対応BDレコーダー/プレーヤーは55万1千台で、BDレコーダー/プレーヤー全体における構成比は45.0%。3Dパソコンは1万6千台で、パソコン全体における構成比は0.6%となった。

3D対応製品国内出荷実績

■半分以上のテレビがIPTV対応モデルに

一方、IPTV対応テレビの国内出荷実績は313万9千台(前年比141.4%)となり、薄型テレビ全体における構成比は60.2%だった。2010年度計では1,639万7万台で、構成比は63.8%となった。

なお、調査を開始した2009年4月からの累計は2,367万8千台、構成比は57.0%となっている。

薄型テレビの国内出荷台数推移

関連リンク

関連記事