世界各地の映画館やテレビで放映見込み

ソニー、ウィンブルドンの3D映像化でオフィシャルサプライヤー契約締結

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月07日
ソニーと全英ローンテニスクラブは、世界トップクラスのテニス大会「ウィンブルドン選手権」の3D映像撮影および放映におけるオフィシャルサプライヤー契約を締結した。

ソニーは大会のオフィシャルサプライヤーとして、2011年大会では男子の準決勝/決勝、女子の決勝を3Dで撮影する。

3D撮影された大会映像は、SuperVision Media社を劇場配信におけるパートナーとして、世界各地の3D対応映画館での生中継が想定されているほか、大会のホスト放送事業者であるBBCの協力のもと、世界各国の放送局に提供する見込みとなっている。同大会の3D映像撮影および配信は史上初の試み。

ソニーは「有名なセンターコートの熱狂や空気感をそのままに、テニスファンにこれまでになかった体験を提供していく」とコメント。さらに両社とも「これらに加え、劇場配信以外の可能性も引き続き検討していく」としている。

関連記事