トロが3Dコンテンツになって登場

ソニー、ゴールデンウィークに銀座・ソニービルで3Dイベントを開催

ファイル・ウェブ編集部
2011年04月19日
ソニー(株)は、音楽・映画・ゲームなどの3Dコンテンツを、東京・銀座ソニービルに集めて公開するイベント「See, Do, 3D!」を4月29日から5月8日まで開催する。開催時間は連日11時から19時まで。入場は無料。


「トロと3Dなのニャ!」上映イメージ
イベントが開催される東京・銀座ソニービル8階のコミュニケーションゾーン“OPUS(オーパス)”には、200インチのスクリーンによる大画面シアターが用意され、プレイステーション・シリーズ専用ゲームソフト「どこでもいっしょ」の人気キャラクター“トロ”が登場する3Dコンテンツ「トロと3Dなのニャ!」が上映される。期間中5月5日(木・祝)、5月7日(土)にはトロの誕生日イベントも開催される。

大画面スクリーンで行われる3D上映のコンテンツには、他にも“ネイチャー系”として、「3D Sony Aquarium 2010」や「3D 旭山動物園 2010」のショートバージョンや、“ミュージック系”としてCHEMISTRYやいきものがかり、元気ロケッツのライブ映像、“ゲーム系”として「グランツーリスモ5」や「WipEout HD」「みんなのGOLF5」の3D参考展示、“ムービー系”として「グリーン・ホーネット IN 3D」「オープン・シーズン IN 3D」のショートバージョンなどが用意される。毎日1時間ごとのスケジュールで上映される。スケジュールはホームページなどでご確認いただきたい。

また、同時期にソニービルとソニー・コンピュータエンタテインメントが主催するチャリティーイベント「みんなでひとつニャ!」も5月5日から5月7日まで開催される。

本イベントは東日本大震災復興支援を目的に、募金活動やチャリティー物販を展開するというもの。集まった義援金は中央共同募金会を通じて被災地支援のために活用される。

場所はソニービル1階のエントランスホールとなり、売上げの一部が義援金となるグッズ販売のコーナーや、パネル展示などが予定されている。

関連記事