2013年度シェア10%目指す

東芝、バッテリー搭載モデルなど液晶テレビ“REGZA”をインド市場にも投入へ

ファイル・ウェブ編集部
2010年12月07日

インド展開のフラグシップ「55ZL800」
(株)東芝は、インド市場に向けて液晶テレビ5シリーズ10モデルを12月下旬より投入することを発表した。

このたび投入されるのは、新興国専用モデル「Power TVシリーズ」と、CELLレグザのコンセプトを受け継いだ最上位モデル「55ZL800」など先日行われたASEAN市場向け新製品発表会で登場したモデル(関連ニュース)。

2013年度までに市場規模の急拡大が見込まれるインドにおいて、2011年度末までに販売店舗を4,000店舗に拡大するほか、地方都市にも積極的に進出。2013年度にインド国内での液晶テレビシェア10%を目指す。

広告キャラクターにはクリケットのトップ選手であるサッチン・テンドゥルカール氏を引き続き起用し、インド国内の主要都市において販売キャンペーンを展開。東芝ブランドと新製品の市場認知を促進する考えだ。

関連記事