東芝、液晶テレビ“REGZA” A2シリーズに40V型を追加 − LEDバックライトやフルHD VAパネル採用

ファイル・ウェブ編集部
2011年01月21日

40A2
液晶テレビ“REGZA”に、VA方式のLEDバックライト搭載液晶パネルを採用したベーシックモデル「A2」シリーズの40V型モデルを2月中旬より発売する。価格はオープンだが、13万円前後での販売が予想される。

1月下旬に発売された22V・19V型に、40V型が追加されたかたち(関連ニュース)。22V・19V型は1,366×768のIPSパネルだが、40V型のみ1,920×1,080のVA方式パネルとなる。

チューナーは地上デジタル、BS・110度CSデジタル、地上アナログをそれぞれ1基ずつ備える。テレビ番組の録画機能は搭載していない。

映像処理エンジンは「レグザエンジン」を搭載し、超解像技術「レゾリューションプラス4」や、自動画質設定機能「おまかせドンピシャ高画質2」、40V型のみ搭載する「倍速・モーションクリア」機能など高画質機能を採用する。

外部機器との連携は「レグザリンク」に対応する。HDMI入力端子はともに2系統を備える。ゲーム再生時の低遅延を実現する「ゲームダイレクト2」にも対応。Class-Dパワーアンプを備え、高音質再生も可能にしている。


【問い合わせ先】
東芝テレビご相談センター
TEL/0120-97-9674

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番40A2
  • 発売日2011年2月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格13万円前後)

関連記事