国内メーカー初

アイ・オー、「NVIDIA 3D Vision」対応の23型フルHD液晶ディスプレイを発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年11月17日
(株)アイ・オー・データ機器は、「NVIDIA 3D Vision」に対応した3D対応23型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-3D231XBR」を12月上旬に発売する。価格はオープンだが44,800円前後での販売が予想される。

「LCD-3D231XBR」

本日アイ・オー・データとエヌビディアジャパンは、3D液晶ディスプレイ開発での協業を発表した。NVIDIA 3D Vision対応のディスプレイを発売するのは、国内ではアイ・オー・データが初めてとなる。

NVIDIA 3D Visionによる、フレームシーケンシャル方式の3D表示が可能。もちろん、Blu-ray 3Dの表示も行える。また、3D静止画や動画の編集・鑑賞ソフト「PLAY3DPC」も同梱している。

液晶パネルのサイズは23型で、表面処理はノングレア。パネル解像度は1,920×1,080のフルHDで、DCR(Dynamic Contrast Ratio)機能も備え、同機能をオンにするとコントラスト比を10,000対1に拡張できる。視野角は上下/左右とも160度。パネル応答速度は3ms。

ディスプレイだけで音声も聴けるよう、1.5W+1.5Wのステレオスピーカーやヘッドホン出力端子も備えている。

【問い合わせ先】
アイ・オー・データ機器
インフォメーション デスク
TEL/03-3254-1076
新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドI-O DATA
  • 型番LCD-3D231XBR
  • 発売日2010年12月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格44,800円前後)

関連記事