TI社製DAC「PCM2706」などを搭載

オヤイデ、小型HPアンプ「Fiio E7」を正式発表 − 5月25日発売、税込15,750円

ファイル・ウェブ編集部
2010年05月14日
(株)小柳出電気商会は、小型ヘッドホンアンプ「FiiO」の新モデル「E7」を5月25日より発売する。価格は15,750円(税込)。

"Fiio" E7

本製品は先日開催された「春のヘッドフォン祭」で参考出展されていたもの(関連ニュース)。このたび正式発表されたかたちだ。出力は150mW(16Ω)、16mW(300Ω)。ボディは陽極酸化アルミニウムによるヘアライン仕上げ。

USB-DACとして、TI社の「PCM2706」を搭載。メインDACにはWolfson社の「WM8740」。アナログデバイセズ社のオペアンプを組み合わせている。そして内蔵ヘッドホンアンプのプリアンプとパワーアンプにはTI社の「OPA2338」と「TPA6130」を搭載。デュアル・ヘッドホンアウトを搭載し、ふたり同時でのリスニングや、ヘッドホンとパワードスピーカーへの同時接続などに対応可能だ。

3段階のベース・ブースト機能や、ユーザーが指定できるスタートアップ・ボリュームメモリと、いきなりの大音量から耳を守るボリューム・リミッターなどを備えている。また、有機ELディスプレイを搭載しているのも特徴のひとつで、さまざまなステイタスを一目で確認することができる。

内蔵のリチウムイオンバッテリーは約200分の充電で最大約80時間の駆動が可能だ。付属品として、シリコンケースとEband(ブラック)が用意されている。


【問い合わせ先】
オヤイデ電気
TEL/03-5684-2151

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドOYAIDE
  • 型番E7
  • 発売日2010年5月25日
  • 価格¥15,750(税込)
【SPEC】●出力:150mW(16Ω)/16mW(300Ω) ●周波数帯域:10〜10,000Hz ●電源:内蔵1050mAh Li-ion バッテリー ●充電:USB DC 5V 400mA ●外形寸法:96W×55H×15.5Dmm ●質量:100g

関連記事