マイルやEdyへのポイント交換も可能

ソニー、新ウェブサービス「My Sony Club」を開始 - サポート情報やポイントサービスを提供

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 次のページ

2010年04月21日
ソニーマーケティング(株)は、製品を購入したユーザー個々に合わせた特典やサービスを提供する会員制サービス「My Sony Club」を5月25日より開始する。

同サービスは、専用ウェブサイトから会員登録および製品登録をすることで、使用している製品に関する様々な情報をメールやウェブサイトなどで得られるというもの。5月25日のサービス開始時期に合わせて専用サイト(http://sony.jp/msc/)を開設し、ユーザーは会員登録ページから必要な情報を入力することで入会できる。登録料や利用料は不要。サイトはPC版と携帯電話用の2種類を用意しており、携帯電話版はドコモとauに対応している。なお、本日よりサービス告知用のプレサイトがオープンしている。

現在はサービス紹介を行うプレオープン版を公開中

携帯電話用のサイトも用意

同サービスでは、製品のアップグレードやサポート情報、会員限定コンテンツやイベントの案内などの情報を提供。サポート情報では、製品活用ガイドをPDFで提供するほか、製品の使い方などを提案するセミナー案内なども行う。

パソコン向けページのイメージ図

ユーザー専用ページで様々な情報を確認可能


携帯電話向けページのイメージ図

また、直販サイトのソニースタイルなどで使用できるソニーポイントを貯める「ソニーポイントプログラム」も利用可能。使用している製品の登録や、メールマガジンの閲覧などでポイントを貯めることができる。

複数のメールマガジンを用意

ソニーポイントは、例えば製品登録で1製品につき500ポイントを付与。獲得したポイントは上記のようにソニースタイルでの買い物に使えるほか、“Walkman”のAシリーズおよびSシリーズ対応の「歌詞ピタ」での歌詞購入用クーポンや、“Cyber-shot”でのスイングパノラマ画像のプリントサービス用クーポン、プレイステーションネットワークのチケットなどにも交換可能。また、ANAマイレージや電子マネーEdyへの交換、ソニー・ピクチャーズのDVD/BD作品などへも交換できるほか、ソニーロゴ入りのオリジナルグッズなども用意する。

マイルなどをソニーポイントに交換することも可能

ポイントは様々な商品・サービスに交換可能

なお、本日都内で行われた発表会では、獲得したポイントと特典との交換比率について同社カスタマーリレーション部 統括部長の石渡裕江氏が「対象ごとに異なり、今後順次アナウンスしていく」とコメント。現時点では、歌詞ピタ用クーポンとパノラマ写真プリントサービス用クーポンがそれぞれ500円相当を500ポイントで交換できることが決定していると説明した。

ソニーマーケティング(株)カスタマーリレーション部 統括部長 石渡裕江氏

そして、ポイント交換については「まず当面はソニーサービスステーションでの製品修理代金の支払いに使用できるところからスタートさせ、その後順次サービスを拡大させていく」と述べた。

また、石渡氏は会員のみが参加できる限定イベントについても言及。ソニー・サイエンスプログラムと連携した体験型イベントや、同社がオフィシャルスポンサーを務めるキッザニアへの招待なども検討していると明かした。

会員登録したユーザーには、専用ページを用意。自分が使用している製品を登録することで、製品の活用に関する様々な情報やサポート情報、キャンペーン情報などを専用ページでまとめて閲覧できるようになる。また、購入年月や購入店、製造番号など忘れがちな情報をリストにして一元管理しておくこともできる。

なお、同サービスでは「メールメンバー」「メンバー」「プレミアムメンバー」という3種類の「ステータス」を用意。ステータスは製品の登録数やサービスの利用に応じて加算される「STAR(スター)」によって決定し、ランクが上がると限定イベントに参加できるようになるなどの特典がある。

「メールメンバー」はメールアドレスのみの登録で基本サービスを利用可能。ただし、ソニーポイントの利用や一部キャンペーンに参加できない。

「メンバー」は、メールアドレスに加えて住所氏名、電話番号と必要な基本情報全てを登録するもの。ソニーポイントやキャンペーンの利用なども含めた基本サービスを全て使えるようになる。

「プレミアムメンバー」は、上記「メンバー」の中で製品登録やサービス利用が多いユーザーが取得可能なステータス。プレミアムメンバーのみが参加できるイベントなど、基本サービスに加えて特別なもてなしを用意するという。

なお、現在すでに実施されている「My Sony ID」を利用しているユーザーについては、「My Sony Club」に登録情報などが引き継がれる。そのため、サービス開始時点から「プレミアムメンバー」となれるユーザーもいる。なお、サービス開始後はMy Sony IDとメールアドレスのどちらでもログインできる。

栗田社長が会見 −「登録数1,000万人を早期に目指す」

前のページ 1 2 次のページ

関連記事