DVD/テレビ/ゲーム等の視聴に最適

ビクター、4ch独立駆動のフロントサラウンドシステム「TH‐BA10」を26,000円で発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月08日
日本ビクターは、独自の4ch独立駆動サラウンド技術を採用したフロントサラウンドシステム「TH‐BA10」を2月上旬に発売する。価格はオープンだが26,000円前後での販売が予想される。


TH‐BA10
幅900mm×高さ125mm×奥行き85mmのワンボディの中に実用最大出力30Wのフルレンジスピーカーを4基内蔵。スピーカーユニットは8cmのフルレンジ防磁形・バスレフ方式。同社独自の4ch独立駆動フロントサラウンド技術により、フロント2chの音質を損なうことなく明瞭なセリフ再生、広範囲のサラウンド再生が行えるという。


4ch独立駆動フロントサラウンドのイメージ

TH‐BA10のリモコン
内蔵デコーダーはドルビーデジタル、DTS、AAC、リニアPCM。HDMI端子は非搭載で、アナログ入力を1系統。光デジタル入力を1系統装備する。

【問い合わせ先】
ビクターお客様ご相談センター
TEL/0120-2828-17

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルフロントサラウンドシステム
  • ブランドVICTOR
  • 型番TH‐BA10
  • 発売日2010年2月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格26,000円前後)
●実用最大出力:120W(30W×4)(JEITA THD10%/4Ω) ●スピーカー形式:フルレンジ防磁形・バスレフ方式 ●スピーカーユニット:8cm×4 ●周波数帯:84Hz〜22kHz ●入力端子:アナログ×1、光デジタル×2 ●消費電力:35W(動作時)/1W以下(電源待機時) ●外形寸法:900W×125H×85Dmm ●質量:3.5kg

関連記事