3D超高速駆動技術を搭載

【CES】パナソニック、世界最大サイズの152V型3Dプラズマディスプレイを開発

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月07日
パナソニック(株)は、世界最大サイズとなる152V型・4K2Kの3D対応プラズマディスプレイ(PDP)を開発。ラスベガスで開催中の2010 International CES(記事一覧)で展示する。現地からの詳細なレポートの前に速報をお届けする。

新開発の発光効率4倍技術を活用した「3D超高速駆動技術」を搭載したPDPデバイス(関連ニュース)を採用。152V型・884万画素(4K2K)の大型画面においてもフルHD画質の3D表示を可能とした。

また3D映像表示において、左右の画像表示を切り替える際に生じる残像を極限まで低減させる「二重像(クロストーク)低減技術」を独自開発。くっきりかつ滑らかな3D映像の表示を実現するという。3D方式は右眼/左眼用のフルHD映像をフレームごとに時分割で表示させる「フルHDx2フレームシーケンシャル方式」を採用している。

同社は2010年を「3Dテレビ元年」と位置づけ、2010年の3Dテレビ市場導入期においては最高画質の提供に拘るべきとの考えを示す。「まずは3D技術と親和性の高いPDPを採用する事で本物の“フルHD・3D画質”をお届けし、新しいエキサイティングなテレビ体験を創造していく」とコメントしている。

関連リンク

関連記事