サビ部分の連続再生で楽曲検索

ソニー、新検索機能“ZAPPIN"搭載のウェアラブルウォークマン「NWD-W202」を発売

Phile-web編集部
2009年05月26日
ソニーは、音楽プレーヤーとヘッドホンを一体化し、新検索エンジン「ZAPPIN」を採用したウェアラブルタイプのウォークマン「NWD-W202」を6月13日に発売する。価格はオープンだが1万円前後での販売が予想される。

「NWD-W202」を卓上スタンドに置いたところ

4色のカラーバリエーションを揃える

内蔵メモリーは2GBで、外部メモリースロットは持たない。カラーはライムグリーン、ブラック、ピンク、ホワイトの4色を用意する。対応音声コーデックはMP3/WMA/ATRAC/リニアPCM/AACで、PCからドラッグ&ドロップで本体にコピーし、再生できるのも特徴。

楽曲管理ソフトはSonicStage V Ver.5.2を付属する。ただし本機では、moraで購入した楽曲など著作権保護されたコンテンツは再生できず、SonicStageではこれらの著作権保護コンテンツの転送も行えない。

そのほか、充電・データ転送用のスタンド、ホルダー、イヤーピース(S/M/L 各2個)も同梱。また本体に装着したヘッドホンは13.5mmのEXヘッドホンとなる。

13.5mmのEXヘッドホンを装備

小型かつ35gと軽量、さらにウェアラブルタイプであることから、同社では2台目サブ機としての活用などを提案。またヘッドホンコードをわずらわしいと感じているユーザーなどもターゲットにする。

装着例。軽量でネックバンド式であることから装着感が高い

本体の左側と右側は、中央のマグネットでくっつく構造となっており、この状態のときにホールドされ、スタンドに掛けるとハート型のようなかたちになる。なお、鞄の中などに入れる際は、マグネットが外れないよう、付属のホルダーの使用を推奨している。

マグネットを外すとホールド状態が解除される

使用するときはマグネットを外し、ネックバンドを首に掛けて耳に装着する。フィット感が高い点も特徴だが、防水・防滴仕様ではないため、ジョギングなどに使用する際は注意が必要だ。

本機の最大の特徴は「ZAPPIN」(ザッピン)という新しい楽曲検索方法。本体にディスプレイを装備していないため、手軽に聴きたい楽曲を検索する機能として開発した。

ZAPPINモードに入るには、再生中にジョグダイヤルを長押しする。すると「ZAPPIN IN」という音声が流れ、ZAPPINモードになったことがわかる。ZAPPINには「ZAPPIN ロング」と「ZAPPIN ショート」の2モードがあり、ロングは楽曲のサビ部分のみを15秒ずつ、ショートは同じく4秒ずつ、それぞれ連続再生する。目当ての楽曲にたどり着いたら、再びジョグダイヤルを押すと「ZAPPIN OUT」という音声案内とともに通常再生モードに移行する。

ジョグダイヤルを長押しするとZAPPINモードに移動する

なお楽曲のサビ部分は、付属のSonicStageを楽曲管理ソフトとして使用した場合は、12音解析により検出する。楽曲ファイルコピーなどの方法を使用した場合は解析データがないため、楽曲の冒頭から45秒後のところから再生を開始する。

そのほかジョグダイヤルでは楽曲のスキップや再生/一時停止などの操作が可能。ボリュームボタンやシャッフル再生については個別のボタンを設けている。

操作部はR側の下部に集中して配置

電源は内蔵のリチウムイオン電池で、12時間の連続再生が可能。急速充電にも対応し、3分の充電で90分の再生が行える。

さらにオプションとして専用キャリングケース「CKS-NWW200」も用意。本機のマグネットを連結したホールド状態でコンパクトに持ち運べるもので、8月下旬の発売予定。価格はオープンだが、2,000円前後での実売が予想される。

【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株)
買い物相談窓口
TEL/0120-777-886
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルメモリーオーディオプレーヤー
  • ブランドSONY
  • 型番NWD-W202
  • 発売日2009年6月13日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格9,980円前後)
●容量:2GB ●音声圧縮形式:MP3/ WMA/ ATRAC /リニアPCM / AAC ●端子:USB miniBコネクタ/Hi-Speed USB ●質量:約35g(充電池含む)

関連記事