ランニングピッチに最適な楽曲を自動再生

ヤマハ、ランニング/ウォーキング用ミュージックプレーヤー“ボディービート”を発売

Phile-web編集部
2009年01月21日
ヤマハ(株)は、スポーツ時に身につけて楽しめ、ユーザーの走る・歩くペースに合わせた音楽を自動再生する機能を搭載した、ポータブルオーディオプレーヤー“BODiBEAT”「BF-1」を1月21日にWeb専用サイトで発売した。価格は29,800円(税込)。


BF-1
本製品は、ユーザーがジョギングやマラソンなどスポーツを楽しむ際に身につけて、音楽も同時に楽しめるポータブルオーディオプレーヤー。外寸75.7W×38.0H×20.1Dmm、質量65gというコンパクトな本体に、脈拍センサー付の専用イヤホン、アームバンド、並びにデータ管理用のアプリケーションソフトなどが付属する。

本体には記録媒体として512MBのフラッシュメモリーを内蔵。MP3/WMA/AAC/WAV各形式のオーディオファイルが再生できる。なおDRM付のデータ再生には対応していない。電源は充電式のリチウムイオン電池を採用する。

最大の特徴は、加速度センサーや脈拍センサーを搭載したことにより、ユーザーが走る・歩くペースに合わせた楽曲を自動選曲し再生する機能が採用された点。「フリーワークアウトモード」は、ユーザーが走る・歩くテンポに合わせた楽曲を自動再生するモード。「フィットネスモード」は、あらかじめ初期設定した安静時心拍数や、年齢に合わせて最も効果的な有酸素運動ができるペースの曲を自動再生するモード。またアスリートのための専用プログラムや、オリジナルのプログラムで運動できる「トレーニングモード」のほか、通常のプレーヤーとして楽しめる「ミュージックモード」での再生も可能だ。

本体内に運動するペースに合う楽曲がない場合も、自動で最適なテンポの曲を生成し、再生する機能「BODiBEAT Mixer」も搭載。本体内蔵の音源とシーケンサーにより、10万通り以上の組み合わせが可能であるという。


付属の専用ソフト「BODiBEAT Station」
付属の専用ソフト「BODiBEAT Station」では、PC内の楽曲ファイルを取り込み解析し、テンポや走りやすさなどの情報を検出して表示する。またデータ管理機能も充実させており、プレーヤーとPCを接続した際には、運動距離や時間、ペース、消費カロリーや心拍数などのデータを転送し、週・月単位でグラフ情報を作成することもできる。またオリジナルのトレーニングプログラムを作成し、追加することも可能だ。

イヤホン部は激しい運動時にも頭にフィットするスライダー付の耳掛けイヤホンを採用。本体の操作もつまみ式のボタンを採用するなど、運動時の使いやすさを追求している。1.0インチの有機ELディスプレイを搭載し、運動中の心拍数や距離、再生中の楽曲情報などを表示できる。本体、イヤホンともに防滴仕様としている。

【問い合わせ先】
BODiBEAT 相談窓口
TEL/0570-018-808、053-460-2784

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルメモリーオーディオプレーヤー
  • ブランドYAMAHA
  • 型番BF-1
  • 発売日2009年1月21日
  • 価格¥29,800(税込)
●記録媒体:フラッシュメモリー 512MB ●再生オーディオファイル:MP3/WMA/AAC/WAV ●電源:内蔵リチウムイオン充電池 ●外形寸法:75.7W×38.0H×20.1Dmm ●質量:65g(本体)、22g(イヤホン/脈拍センサー)

関連記事