<FDP2003レポート>松下電器産業のPEAKSシステム搭載PDP/三洋電機の3Dディスプレイ

2003年10月29日
左)「PEAKS」新高画質システム搭載のPANASONIC業務用プラズマディスプレイ 右)SANYOの携帯電話向け液晶3Dディスプレイ
●フラットパネルディスプレイ(FPD)の部品・材料、製造・検査装置からパネル、応用製品までを一堂に集めた総合展示会「FPD International 2003」が、本日10月29日(水)から31日(金)までの3日間にかけて、横浜桜木町のパシフィコ横浜にて開催されている。ここではイベント会場で見つけることのできた注目製品を簡単にご紹介する。

松下電器産業のブースでは、同社独自開発による「PEAKS」新高画質システムを搭載した業務用プラズマディスプレイを全ラインナップ展示している。同社の業務用プラズマディスプレイは、ホーム用のシリーズ「VIERA」と併せて高画質・高精細な映像に注目が集まっており、業界での評判はとても高いものがあるという。

三洋電機のブースでは、携帯電話向けのモジュールとして2.5インチTFT液晶3Dディスプレイを展示し、多くの来場者からの関心を集めていた。有機ELディスプレイについても2.2インチ、1.9インチそれぞれのサイズに高精細なプロトタイプモデルを展示。カーナビ向けのワイド6.5型、4.9型TFT液晶パネルも展示している。

(Phile-web編集部)
  • トピック
  • 3D

関連記事