ソニー“サイバーショット”に薄型ボディ・有効510万画素の新製品登場

2003年10月22日
Tシリーズ『DSC-T1』(左)、Uシリーズ『DSC-U40』(右)。『DSC-U40』はシルバー、ブラック、ディープブルー、レッドの4色構成
●ソニーマーケティング株式会社は、デジタルスチルカメラ"サイバーショット"の新たなシリーズ『DSC-T1』および、好評のUシリーズの新製品『DSC-U40』を、本日発表した。

発表会の席上に於いて、ソニー株式会社 IT&モバイルソリューションズネットワークカンパニー パーソナルイメージングカンパニー プレジデントの石塚茂樹氏が、新製品『DSC-T1』についての概要を説明した。

同氏によると、今秋デジタルカメラの同社における累計出荷台数が2000万台を達成、また2003年度年間出荷台数1000万台をめざす中で、サイバーショット新製品のTシリーズは、<「持つ」、「撮る」、「見る」。感動させるサイバーショット>をコンセプトに、キーデバイスが全て新開発されたとのこと。エレクトロニクスの総合メーカーとしてデバイスからセットまで一貫して全社で取り組むという、ソニーの総合戦略が形になったものである。

『DSC-T1』は、大画面で画像も文字も見やすい2.5型で、屋内でも屋外でもはっきり表示できるハイブリッド型液晶モニターを搭載し、最薄部17.3mmの薄型デザインを実現した戦略モデル。モデル名の「T」は、thin(薄さ)を表現しているものである。

本製品は、新開発の1/2.4型有効510万画素Super HAD CCDとカール ツァイス「バリオテッサー」の光学3倍ズームレンズを採用。加えて、独自の画像処理システムである"リアル・イメージング・プロセッサー"を搭載。ノイズの少ない高精細できめ細やかな高画質記録を実現しているほか、ホワイトバランスや露出制御の精度が大幅に向上し、より自然で忠実な色再現が可能となっている。 

また、最短1cmまでのマクロ撮影が可能な"拡大鏡モード"を新搭載しているほか、大画面で再生して楽しめるVGAサイズ(約30フレーム/秒)の動画記録にも対応。「大画面液晶」「薄型」といった使い易さと「高画質」「高速レスポンス」といったカメラ性能を兼ね備え、「撮る」「見る」「見せる」を快適に楽しめるモデルである。

また従来からのUシリーズ新製品『DSC-U40』は、動画撮影や連写などの撮影機能を向上させ、従来機よりも約4mmの本体の薄型化が図られたモデル。前モデル「DSC-U30」の後継機として、最大連続約15秒だった動画撮影が記録メディアの容量分まで連続撮影ができるようになった他、最大記録サイズの2Mサイズ(1632×1224ドット)なら2枚、VGAサイズ(640×480ドット)なら10枚の連写が可能になった。またホワイトバランスも5モード(自動・太陽光・曇天・蛍光灯・電球)から選択できるようになるなど、撮影機能・画質の向上を図っている。

デジタルカメラ市場でのユーザーニーズが多様化された昨今、ソニーでは、これらサイバーショット新製品でソニーならではの付加価値を提案していく。

【問い合わせ先】
お客様ご相談センター
TEL 0570-00-3311(ナビダイヤル) 
   03-5448-3311(携帯電話・PHSの場合)

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番DSC-T1
  • 発売日2003年11月21日
  • 価格\OPEN(予想実売価格60,000円前後)
【SPEC】●撮像素子:1/2.4型総画素530万画素 正方画素 インターレーススキャン方式 ●カメラ有効画素数: 有効510万画素 ●レンズ: カールツァイス「バリオテッサ-」レンズ ●レンズ構成郡: 8群11枚(非球面3枚,プリズム1枚) ●ズーム倍率: ・光学3倍・プレシジョンデジタルズーム6倍 ・スマートズーム(3Mサイズ:3.8倍、1Mサイズ:6.1倍、VGAサイズ:12倍) *プレシジョンデジタルズーム、、スマートズームは光学3倍ズームを含む倍率 ●F値: F値3.5〜4.4 ●焦点距離: f=6.7-20.1mm(35mmフィルムカメラ換算f38-114mm) ●AF合焦範囲/マクロAF/拡大鏡モード: W:50cm〜∞ T:50cm〜∞/W:8cm〜∞ T:25cm〜∞/W:1cm〜20cm ●露出補正: ±2.0EV、1/3EVステップ ●シャッタースピード: オート(1/8〜1/1000秒)・プログラムオート(1〜1/1000秒) ・高速シャッター(1/250〜1/1000) ●ADコンバーター: 14ビット ●液晶モニター: 2.5型TFT ・ハイブリッド型LCD(LCD画素数:21.1万)視野率100% ●フラッシュ: 自動/強制発光/発光禁止、スローシンクロ ●ホワイトバランス: 自動・晴天・曇・蛍光灯・電球・フラッシュ ●ISO感度設定: 自動・100・200・400相当 ●連写モード: 最大4枚連写(スピード優先連写・フレーミング優先連写) ●画像圧縮形式: 静止画:JPEG    動画・音声:MPEG1 ●画像サイズ:静止画: 5.0Mサイズ(2592×1944ドット),3.1Mサイズ(2048×1536ドット), 1.2Mサイズ(1280× 960ドット),VGAサイズ(640×480ドット) 3:2モード(2592×1728ドット) 動画:VXファインモード(640×480ドット)約30フレーム/秒 VXスタンダードモード(640×480ドット) 約17フレーム/秒 ビデオメールモード(160×112ドット) 約8フレーム/秒 ●記録メディア :「メモリースティック デュオ」「メモリースティックPRO デュオ」 ●プリント対応: Exif Print・PRINT Imaging Matching II ●端子: マルチ端子:AV出力, USB(USB2.0Hi-speed対応), DC 入力 ●バッテリーシステム: インフォリチウムバッテリー(「NP-FT1」) ●消費電力(カメラモード): LCDバックライトOn 時 1.6W  LCDバックライトOff 時 1.3W ●外形寸法: 91W×60H×21Dmm *最薄部17.3mm ●本体質量: 約155g ●撮影時質量: 約180g(バッテリー、「メモリースティック デュオ」、ハンドストラップ含む) ●アプリケーションソフトウエア: ・ 静止画/動画加工編集ソフトPIXELA Image MixerVer.1.5 for Sony+Image Transfer+USB Driver ●付属品: リチャージャブルバッテリー「NP-FT1」、A Cパワーアダプター, USBクレードル、AV接続ケーブル, USBケーブル, 電源コード, ハンドストラップ, CD-ROM×1, 「メモリースティック デュオ」(32MB),メモリースティック デュオアダプター, 他
  • ブランドSONY
  • 型番DSC-U40
  • 発売日2003年11月14日
  • 価格\OPEN(予想実売価格25,000円前後)
【SPEC】●撮像素子: 1/2.7型 総画素210万画素CCD 正方形画素、原色フィルター、プログレッシブスキャン、“Super HAD CCD” ●カメラ有効画素数: 有効200万画素 ●レンズ・焦点距離: 単焦点 F2.8 ・ f=5mm(35mmフィルムカメラ換算f=33mm) ●AF合焦範囲: 0.1m〜∞ フルレンジオートフォーカス ●シャッタースピード: 自動 ●液晶モニター: 1.0型 ハイブリッド型液晶(LCD画素数:約6.4万) ●フラッシュ: 自動/自動赤目軽減/強制発光/発光禁止 *推奨撮影距離 0.5m〜1.8m ●記録媒体: “メモリースティック デュオ” “メモリースティックPRO デュオ” ●画像圧縮形式: 静止画:JPEG、 動画:MPEG1(音声なし) ●画像サイズ(ドット): 静止画(記録):2Mサイズ(1632×1224),VGAサイズ(640×480) 静止画(再生):2Mサイズ(1632×1224), 1.2Mサイズ(1280×960), 1.9Mサイズ(1600×1200), VGAサイズ(640×480) 動画:ビデオメールモード 160×112 プレゼンテーションモード 320×240 (*音声なし) ●連写機能: 2Mサイズ(1632×1224):2枚、VGAサイズ(640×480):10枚 ●ホワイトバランス: 5モード(自動・太陽光・曇天・蛍光灯・電球) ●デジタルI/O: USB端子(mini-B) ●電源: 単4形ニッケル水素充電池×2本(付属), 単4形アルカリ電池×2本(別売り) USB電源供給(PCにUSB接続した場合のみ) ●消費電力(カメラモード): 1.21W (LCD Light ON) 1.09W(LCD Light Off) ●外形寸法:約82.8W×39H×26Dmm ●本体質量/撮影時質量: 約83g/約114g(単4形ニッケル水素充電池2本,“メモリースティック”,ネックストラップ含む) ●アプリケーションソフトウエア: 静止画/動画加工編集ソフトPixela ImageMixer Ver.1.5 for Sony /Image Transfer / USB Driver、 ●付属品: 単4形ニッケル水素充電池×2本 、ニッケル水素電池チャージャー、“メモリースティック デュオ”(8MB)、USBケーブル、CD-ROM×1、電源コード、ネックストラップ、他

関連記事