USB対応パソコン用PCカメラ"コンパクトPCカメラ・プリンVith"新発売

2000年09月25日
左がP-M2(AR)、右がP-M2(ST)
●日立マクセル株式会社は、USB対応PCカメラ"プリンVith(ビズ)"を新発売する。 マクセルでは、「パソコンを遊ぶツールに変える」ことをコンセプトとし、もっとリアルでスマートなコミュニケーションを!と感じているPCコミュニケーター向けにコンパクトPCカメラ プリンM1を発売しているが、プリンVithはその第2弾商品である。

このPCカメラ・プリンVithはMicrosoft NetMeetingに対応。簡単にインターネットを利用したテレビ電話を楽しむことができるもの。テレビ電話以外にも動画をメールで送ったり、ホームページにアップしたりと楽しみ方がいろいろ拡がっていくツールである。

ラインナップは、カメラを自然な目線に合わすことのできるマルチアームタイプとノートブックPC用スタンドタイプの2アイテム。主な特徴として、次の4項目があげられている。
1. 超薄型軽量USB対応型PCカメラ
2. ヘッド部分は、CMOSセンサと小さくても画像の歪みが少ない非球面レンズを採用したコンパクトなパッケージ
3. プリンVith アームタイプ ・・・5つの可動部でアングルは自由自在。自然な目線にカメラ位置を調節可能
4. プリンVith スタンドタイプ・・・シンプルでキュートなデザイン。持ち運びも可能

何を表現するかは使い手次第。パソコンの新しい遊びを堪能しよう。(デジタルサウンド編集部)

プリンVith
アームタイプ:P-M2(AR)
スタンドタイプ:P-M2(ST)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドmaxell
  • 型番上記参照
  • 発売日10月初旬
  • 価格オープン
【SPEC】●形式:CMOSセンサ 一体型USB対応PCカメラ
●レンズ:非球面レンズ(F2.0)
●画角:60°
●撮像素子:1/3カラーCMOSイメージセンサ
●撮影距離:10cm〜∞(手動調整)
●有効画素数:30万画素
●フレームレート:最大30フレーム/sec(CIF画像時・カメラ単体での性能)
●消費電流:平均160mA
●質量:アームタイプ 約212g(USBケーブルを含む) スタンドタイプ 約96g(USBケーブルを含む)
●使用環境:使用温度0〜40℃、保存温度-10〜60℃
●外形寸法:カメラヘッド部:約W40×D18×H24mm(レンズ・ケーブル部を除く)
●スタンド部(アームタイプ):ベース台 約W80×D60×H25mm 第一アーム約131mm 第二アーム約235mm 
●スタンド部(スタンドタイプ):高さ約120mm
●インタフェース:USBインタフェースRev1.1
●動作環境:Windows98/98Second Edition/2000(日本語版)がプリインストールされたIBM PC/AT互換パソコン

関連記事