「デジタルカメラFinePix1300」

2000年09月13日
●富士写真フイルム株式会社は131万画素の高画質デジタルカメラ「FinePix1300」を10月17日より新発売する。「FinePix1300」は昨年11月発売以来好評の「FinePix1200」の後継機として、本体にUSB端子を搭載し、USBインターフェースセットと8MBスマートメディアを同梱したオールインワンセット。「デジタルカメラが初めて」という人も気軽にスナップ写真が楽しめ、簡単にパソコンに画像を取り込んで活用できることをコンセプトに開発。

USBインターフェースを使用することで、撮影した画像データをパソコンに簡単にかつ高速転送することが可能。「撮って、つないで、すぐパソコン」を実現、パソコンで編集・加工したり、気軽に写真入りホームページを作成したり、旅先から絵葉書がわりの写真付きEメールを送ったりと、写真の楽しさ・便利さが広がる。また、撮影後のデータを全国のFDiサービス取扱店でプリントしたり、ご家庭でデジタルフォトプリンター「FinePix Printer NX-700」や「FinePix Printer NX-500」を使って簡単にプリントすれば、美しいカラープリントを楽しめる。デジタルカメラ「FinePix1300」は、高画質でコストパフォーマンス抜群なデジタルカメラ入門機の決定版といえよう。

本機は、総画素数131万の1/2.7型正方画素原色CCDを搭載。豊かな色再現を実現する「原色フィルター」、定評ある「シーン自動認識オートホワイトバランス」機能、「シーン自動認識AE」機能の融合により、様々な条件下でも最適な色合い、明るさでの撮影が可能になり、131万画素クラスでトップクラスの高画質を実現。放送用レンズとして評価が高いフジノンレンズの使用により高解像度を実現している。
カメラ本体にスマートメディア(8MB、3.3V)1枚、単3形アルカリ乾電池4本、USBインターフェース(*1) を同梱。本体側面にデジタル(USB)端子を装備。USBインターフェースセットを使用してUSB対応のパソコンと接続すれば、撮影した画像をすぐに転送できる。パソコン上で画像を簡単・便利に楽しめるソフトExif Viewer(イグジフ ビュアー)を同梱。インデックス機能で画像を一覧したり、見たい画像を拡大したり、パソコンの画面でスライドショーを楽しんだりできるほか、画像のリサイズも簡単に行える。131万画素なのでデータ容量が大きすぎず、パソコン上でのハンドリングが軽快、と非常に使いやすい。また、単3形アルカリ乾電池4本で、液晶ONで約260枚、液晶OFFで約800枚も撮影することができ、低消費電力でバッテリーの持ちがよい。その他、コンパクトなポケットサイズ、デジタル2倍拡大撮影機能や640×480ピクセルモード時に連写が可能など、多彩で便利な機能搭載、簡単操作で定評のあるモードダイヤルと十字ボタンを採用し、初めてデジタルカメラを使う人でも容易に操作できるメニュー構造、多彩なPC接続などを特長とする。(ホームシアターファイル編集部)
新着記事を見る
  • ブランドFUJI FILM
  • 型番FinePix1300
  • 発売日10月17日(火)
  • 価格\49,800
【SPEC】●撮像素子:1/2.7型正方画素原色CCD、総画素数約131万画素 ●レンズ:フジノン単焦点レンズ ●記録メディア:スマートメディア(3.3V) ●撮影感度:ISO125相当 ●焦点距離:5.8mm(35mmカメラ換算36mm相当) ●撮影可能範囲:標準約70cm〜無限遠、マクロ約8cm〜約15cm ●フォーカス:パンフォーカス(マクロ切り換えあり) ●シャッタースピード:1/2秒〜1/1000秒(メカニカルシャッター併用) ●絞り:F4.5/F11、自動切り換え ●露出制御:TTL64分割測光プログラムAE(マニュアル撮影時:露出補正可能) ●露出補正範囲:−0.9EV〜+1.5EV(0.3EVステップ) ●ホワイトバランス:オート(マニュアル撮影モード時、7ポジション切り換え可能) ●ストロボ:自動調光方式(発光モード:オート/赤目軽減/強制発光/発光禁止/スローシンクロ) ●撮影範囲:約0.7m〜約3m ●光学ファインダー:逆ガリレオ式光学ファインダー ●液晶モニター:1.6型カラー液晶モニター(5.5万画素) ●外形寸法:110W×77H×39Dmm ●本体質量:約200g(電池、スマートメディア含まず)、撮影時質量 約300g(付属電池、スマートメディア含む)

関連記事