オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
スペシャルDSDディスクが当たる発売記念キャンペーンも

パイオニア、DSD再生対応の自社製ドライブ搭載SACDプレーヤー「PD-70」

ファイル・ウェブ編集部
2012年09月12日
パイオニア(株)は、DSDディスクの再生にも対応したSACDプレーヤーの中級機「PD-70」を10月中旬より発売する。価格は94,000円(税込)。

PD-70


PD-70の背面部

PD-70の特徴
昨日発表されたプリメインアンプ「A-70」(関連ニュース)などとの組合せを想定した中級機。今年7月に発売された「PD-30」の上位機にあたる。

A-70(写真上段)と組み合わせたところ

SACDやCD、USBメモリに加え、DVD-R/-RWに焼いたDSD音源(拡張子は.dsf)の再生にも対応しているのが大きな特徴。iOS端末のデジタル入力再生にも対応している。USBメモリ内の再生可能音源はMP3/MPEG 4 AAC/WMA。圧縮音源を補間する「アドバンスドサウンドレトリバー」機能も備えている。

PD-30からの進化点は、192kHz/32bitのツインDAコンバーターを搭載した高精度DA回路の採用、「Hi-bit 32」機能の搭載、アナログ/デジタル電源を完全分離させたツイン電源トランスの搭載、そして高い読み取り精度を実現したという自社開発ドライブの搭載だ。

■自社開発ドライブの搭載

光ディスクプレーヤーの原点に回帰し、確実な信号読み取りと高精度なDA変換を目指したという本機。パイオニア製ドライブは高い評価を得ており、昨今ではPC用ドライブがネットオーディオ愛好者の間で人気を博している。こういったこれまで培ってきた技術やノウハウのもと、ピックアップやトラバースメカも自社で開発。精度の高いドライブを完成させたという。

本機に搭載された自社開発メカ

トラバースメカやピックアップも自社開発


トレイをオープンにしたところ。不要な振動を抑制するアコースティックダンパートレイ構造を採用
さらに、不要な振動を抑制するアコースティックダンパートレイ構造を採用し、振動対策を行っている。


■192kHz/32bit対応DACを搭載

DAコンバーターは、同社のネットオーディオプレーヤー「N-50」にも搭載された192kHz/32bit DACを、L/R独立基板で2基乗せている。

L/R独立させて搭載している

192kHz/32bit対応DAコンバーターを2基搭載

また、16bitや24bitの音声信号を32bitまで拡張処理する「Hi-bit 32 Audio Processing」機能を備えているのも大きな特徴のひとつだ。


■電源と筐体

アナログ部とデジタル部の電源を完全分離させたツイン電源トランスを搭載。付属の電源ケーブルは極太タイプで、着脱可能となっている。

ツイン電源トランスを搭載

消費電力は40Wで、待機時消費電力は0.45W。長時間使用しない場合自動的に電源が切れるパワーマネジメント機能も備えている。

筐体は、ハニカムボトムシャーシとアルミフレームで構成されたリジッドアンダーベースの採用でシャーシ剛性を高めている。

リジッドアンダーベースの採用でシャーシ剛性を高めている


■機能

トラックごとに異なる音量レベルで収録された2ch音声の出力レベルを一定に揃えるオートレベルコントロール機能や、ディスプレイとデジタル出力をOFFにしてオーディオ信号へのノイズを軽減させる「Pure Audioモード」などの機能を備えている。


■スペシャルDSDディスクが当たる発売記念キャンペーン実施

PD-30」発売時にも行って好評だったという、スペシャルDSDディスクプレゼントキャンペーンを今回も実施する。概要は下記の通り。

・対象:PD-70購入ユーザー
・応募期間:2012年10月10日〜11月26日
・応募方法:パイオニアホームページ キャンペーン応募ページより受付
・ディスク内容:DSDフォーマット収録のスタジオライブ録音
       Kiwa 清水靖晃+渋谷慶一郎 ほか全7曲

【問い合わせ先】
パイオニア
カスタマーサポートセンター
TEL/0120-944-222
新着記事を見る
  • ジャンルSACDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドPIONEER
  • 型番PD-70
  • 発売日2012年10月中旬
  • 価格¥94,000(税込)

関連記事