オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
全9製品をラインナップ

KEF、スピーカー「iQシリーズ」をリニューアルした「Qシリーズ」を発売 - 最新UniQを搭載

ファイル・ウェブ編集部
2010年09月15日

Q900
KEF JAPANは、英KEF社のスピーカー「iQシリーズ」を大幅にリニューアルし「Qシリーズ」として9月下旬より発売する。

<フロアータイプスピーカー>
・「Q900」2.5ウェイ3ドライバー ¥207,900(ペア・税込)
・「Q700」2.5ウェイ3ドライバー ¥161,700(ペア・税込)
・「Q500」2.5ウェイ3ドライバー ¥116,550(ペア・税込)
<ブックシェルフタイプスピーカー>
・「Q300」2ウェイ2ドライバー ¥69,300(ペア・税込)
・「Q100」2ウェイ2ドライバー ¥57,750(ペア・税込)
<センタースピーカー>
・「Q600c」3ウェイ3ドライバー ¥70,350(1本・税込)
・「Q200c」3ウェイ3ドライバー ¥47,250(1本・税込)
<ダイポールスピーカー>
・「Q800ds」3ウェイダイポール2ドライバー ¥94,500(1本・税込)
<パワード・サブウーファー>
・「Q400b」200Wアンプ 250mmドライバー ¥71,400(1本・税込)

新Qシリーズでは、独自の同軸ユニット「UniQ」の最新世代を搭載。新UniQにより「さらに中高域の音のつながりがよくなり、スムースな再生を実現。低域はさらに充実したダイナミックな音になった」という。なお、ラインナップのうち「Q900」のみ金型が異なるため、1ヶ月遅れでの発売となる。

スピーカーユニット

横から見たところ

新UniQのトゥイータードライバーは、口径を従来の19mmから25mmへと拡大。スティフンド・アルミドームダイアフラム構造を採用したことに加え、ダイアフラムの背面は空気のプレッシャーを逃すベンテッド構造とした。

低音部のボイスコイルも口径を従来の35mmから50mmへと拡大したものを採用。また、コーンも従来のポリプロピレンから、軽くて高硬性のあるアルミ製のものに変更した。さらに、新開発のZ-フレックスエッジを採用し、より充実した低音部のダイナミックレンジを実現したとしている。

また、キャビネットの要請も従来比で約30%拡大。新UniQドライバーとの組み合わせにより、低域再生能力を向上させている。

フロアスタンディング型には、新開発のアルミコーンを使用したLFドライバーにドローン・コーン「ABR(Auxiliary Bass Radiator)」を採用し、ポートによる共振や風きり音を解消している。

カラーバリエーションはイングリッシュ・チェリー、ブラック・オーク、ヨーロピアン・ウォールナットの3色を用意。そのほか、ターミナル部はバイワイヤ対応で、金メッキ加工を施している。

ターミナル部

裏側の様子

■フロアスタンディング型はABRを2基搭載 - 違いはドライバー径など

フロアスタンディング型の3モデルには、前述のABRを2基搭載。シリーズ中の最上位である「Q900」は口径200mmのUniQドライバーとアルミニウムLF、38mmのベンテッドアルミニウムドームHFを搭載している。

フロアスタンディング型はサイズ違いの3製品

周波数特性は32Hz〜40kHzで、出力音圧レベルは91dB、クロスオーバー周波数は1.8kHz。外形寸法は244W×1060H×322Dmm、質量は22.1kg。

「Q700」は、口径165mmのUniQドライバーとアルミニウムLF、25mmのベンテッドアルミニウムドームHFを搭載。周波数特性は36Hz〜40kHzで、出力音圧レベルは89dB、クロスオーバー周波数は2.5kHz。外形寸法は210W×920H×302Dmm、質量は17.2kg。

「Q500」は、口径130mmのUniQドライバーとアルミニウムLF、25mmのベンテッドアルミニウムドームHFを搭載。周波数特性は40Hz〜40kHzで、出力音圧レベルは87dB、クロスオーバー周波数は2.5kHz。外形寸法は180W×870H×272Dmm、質量は15.0kg。

■ブックシェルフ型もドライバー径に違い

ブックシェルフ型の2モデルの違いも外形寸法やドライバーユニット径。

ブックシェルフは2モデルで展開

「Q300」は口径165mmのUniQドライバーと25mmのベンテッドアルミニウムドームHFを搭載。周波数特性は42Hz〜40kHzで、出力音圧レベルは87dB、クロスオーバー周波数は2.5kHz。外形寸法は210W×355H×302Dmm、質量は7.7kg。

「Q100」は、口径130mmのUniQドライバーと25mmのベンテッドアルミニウムドームHFを搭載。周波数特性は49Hz〜40kHzで、出力音圧レベルは86dB、クロスオーバー周波数は2.5kHz。外形寸法は180W×300H×272Dmm、質量は5.9kg。

■センタースピーカーはABRを1基搭載

センタースピーカーは両機種ともABRを1基搭載。

センタースピーカーも2製品を用意

「Q600c」は口径165mmのUniQドライバーとアルミニウムLF、25mmのベンテッドアルミニウムドームHFを搭載している。周波数特性は45Hz〜40kHzで、出力音圧レベルは87dB、クロスオーバー周波数は500Hzと2.5kHz。外形寸法は629W×210H×302Dmm、質量は14.1kg。

「Q200c」は口径130mmのUniQドライバーとアルミニウムLF、25mmのベンテッドアルミニウムドームHFを搭載。周波数特性は50Hz〜40kHzで、出力音圧レベルは85dB、クロスオーバー周波数は500Hzと2.8kHz。外形寸法は525W×180H×260Dmm、質量は11.0kg。

■サブウーファーとダイポールスピーカーも用意

「Q800ds」は、3ウェイ2ドライバーのダイポールスピーカー。130mm径の新UniQと、25mm径のベンテッドアルミニウムドームHFを2基ずつ搭載している。

Q800ds

周波数特性は100Hz〜40kHzで、出力音圧レベルは85dB、クロスオーバー周波数は300Hzと2.5kHz。外形寸法は348W×180H×180Dmmで、質量は7.4kg。

「Q400b」は密閉型サブウーファーで、200Wのアンプと250mm径のドライバーユニットを搭載。外形寸法は330W×335H×330Dmm、質量は13.6kg。

Q400b

【問い合わせ先】
KEF JAPAN
TEL/042-388-2030

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドKEF
  • 型番Q900
  • 発売日2010年10月下旬
  • 価格¥207,900(ペア・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドKEF
  • 型番Q700
  • 発売日2010年9月下旬
  • 価格¥161,700(ペア・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドKEF
  • 型番Q500
  • 発売日2010年9月下旬
  • 価格¥116,550(ペア・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドKEF
  • 型番Q300
  • 発売日2010年9月下旬
  • 価格¥69,300(ペア・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドKEF
  • 型番Q100
  • 発売日2010年9月下旬
  • 価格¥57,750(ペア・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドKEF
  • 型番Q600c
  • 発売日2010年9月下旬
  • 価格¥70,350(1本・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドKEF
  • 型番Q200c
  • 発売日2010年9月下旬
  • 価格¥47,250(1本・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドKEF
  • 型番Q800ds
  • 発売日2010年9月下旬
  • 価格¥94,500(1本・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドKEF
  • 型番Q400b
  • 発売日2010年9月下旬
  • 価格¥71,400(1本・税込)

関連記事