オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

ティアック、レコードからCDへ自動録音できるターンテーブル付CDレコーダーを発売

2006年09月01日

GF-350

ティアック(株)は、ターンテーブル付きCDレコーダー「GF-350」を9月4日より発売する。価格は62,790円(税込)。

本機はレコードや音声外部入力(AUX IN)の音源を、音楽用CD-R/RWへ録音することが可能だ。このためレコードの愛聴盤を容易にCD化することができる。再生可能ディスクはCD/CD-R/CD-RW。

レコードをCD化する際、曲番を自動でつけてくれる「オートトラック」機能を搭載。入力信号が2秒続けて無音状態になると、次に発した音から自動的に曲番を追加する機能だ。無音状態のレベルは-20dB、-30dB、-40dBから設定が可能。

レコードのノイズなど、雑音のあるソースを録音する際には-20dB、CDなどの雑音のないソースを録音するときは-40dB、というように設定を使い分けることができる。録音レベルはピークレベルメーターを確認しながら-00〜18dBの範囲で調節が可能だ。

ターンテーブル部にはベルトドライブ式ターンテーブルを採用。回転数を33-1/3、45、78rpmの3段階から選択でき、EPやLPだけでなく78回転SP盤の再生もできる。

【問い合わせ先】
TEAC online
TEL/0422-52-5349

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドTEAC
  • 型番GF-350
  • 発売日2006年9月4日
  • 価格¥62,790(税込)
【SPEC】●消費電力:20W ●電源コード:1.6m ●外形寸法:480Wx 230Hx380Dmm ●質量:10.9kg
<アンプ部>
●出力:3.5W + 3.5W ●周波数特性:60Hz 〜 20kHz ●入力感度:インピーダンス.AUX最大入力レベル:-6dBV (0.5V)/20kΩ AUX: +6dB (2.0V)
<CDレコーダー部>
●再生可能ディスク:CD/CD-R/CD-RW ●録音可能ディスク:音楽用のCD-R/CD-RW ●録音サンプリング周波数:44.1kHz ●周波数特性:20Hz〜20kHz ●S/N比:90dB以上(再生時)、 80dB以上(録音時) ●歪率:0.05%以下(再生時)、0.07%以下(録音時)
<レコードプレイヤー部>
●モーター:DCサーボモーター ●ドライブ方式:ベルトドライブ ●ターンテーブルスピード:33-1/3、45、78 ●ワウ・フラッター:0.35%以下(WDT) ●S/N比:50dB ●カートリッジ:セラミックステレオタイプ ●レコード針:STL-106 ●出力レベル:158〜348mV/秒、1kHz
<スピーカー部>
●ユニット:76mm ●インピーダンス:4Ω

関連記事