オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

ボストンアコースティックスからリアセンタースピーカー登場

2001年03月05日
●日本でも高い評価を得ている、米ボストンアコースティックス(Boston Acoustics)のリンフィールド・ホームシアターサウンドシステムのラインアップに、リアセンタースピーカーVR-M/EXが加わった。

FEA(Finite Element Analysis)を駆使し、ウーファーとトゥイーターを独自の角度でマウントし、サラウンドスピーカーとしての理想を追求している。
トゥイーターに採用されているAMD(Ampulitude Modification Divice)は、ボストンアコースティックスが特許を持つ音響補正デバイスで、トゥイーターの前に置かれた空中パイプにより、高域特性の乱れをコントロールしている。

本機の登場で、同ブランドのラインナップによるすべてのサラウンドフォーマットへの対応が可能となった。(季刊・オーディオアクセサリー編集部)
新着記事を見る
  • ブランドBoston Acoustics
  • 型番VR-M/EX
  • 発売日2001.04.20
  • 価格\69,800
【SPEC】●再生周波数:110Hz〜20kHz(±3dB) ●インピーダンス:8Ω ●能率:90dB(1watt at 1m) ●ユニット:Dual 135mm Copolymer Bass Unit、Dual 25mm Aluminum Dome with AMD Tweeter Unit ●クロスオーバー:2500Hz ●サイズ:286W×279H×151Dmm ●質量:6.35kg ●取り扱い:ボストンアコースティックスジャパン

関連記事