• ブランド
    特設サイト
公開日 2024/05/09 07:00

AKG、国内初のANC対応完全ワイヤレス「N5 Hybrid」。ANCヘッドホン「N9 Hybrid」も同時発売

“Nシリーズ”から2モデル登場
編集部:成藤 正宣
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ハーマンインターナショナルは、同社AKG(アーカーゲー)ブランド “Nシリーズ” から、ノイズキャンセリング(ANC)搭載の完全ワイヤレスイヤホン「N5 Hybrid」、およびANC搭載のオーバーイヤー型Bluetoothヘッドホン「N9 Hybrid」を、2024年5月17日に発売する。

・完全ワイヤレスイヤホン「N5 Hybrid」:38,500円(税込)
・Bluetoothヘッドホン「N9 Hybrid」:55,000円(税込)

「N5 Hybrid」(ブラック/ホワイト)


「N9 Hybrid」(ブラック/ホワイト)

2モデルとも、プロフェッショナル向け製品 “Kシリーズ” の品質は受け継ぎつつ、より日常的に音楽を楽しむことをコンセプトとする “Nシリーズ” にラインナップされるモデル。今年4月に開催されたイベント「春のヘッドフォン祭2024」にてお披露目された製品の発売が正式に決定したかたちとなる。

最新テクノロジーに基づくAKGリファレンスサウンド、プログレードのマイク設計を踏襲した高品質マイク、使い勝手に配慮したシームレスな利便性などを備え、先進的で豊かな音楽体験が楽しめるとしている。

■国内初展開のAKG完全ワイヤレスイヤホン「N5 Hybrid」


「N5 Hybrid」は、AKGブランドとしては国内初展開となる完全ワイヤレスイヤホン。搭載する10mmダイナミック型ドライバーには、「真空マグネトロンスパッタリングプロセス」という技術を用いて、PEN素材に高純度グラファイトを吸着/コーティングして剛性と靭性を高めた、DLC+PEN振動板を採用する。

加えて、10kHz以降の周波数応答にフォーカスして調整したフロントチャンバー設計により、 “ニュートラルでありながらバランスの良い、クリアなサウンド” を追求したとする。

DLC+PEN振動板や綿密に設計したフロントチャンバーにより、AKGのリファレンスサウンドを再現

街中の公共の場など、生活の中心となる雑踏騒音に対して特に効果的だという「リアルタイム補正付きハイブリッドノイズキャンセリング」を搭載。マイクは左右それぞれ、外部ノイズ集音と通話用を兼ねたビームフォーミングマイク2基、ノイズ分離用のインナーマイク1基を内蔵し、通話品質にもこだわったとアピール。外音取り込み機能にも対応する。

ハイブリッドノイズキャンセリングをはじめ、通話品質へのこだわりもアピール

またスマートフォンアプリ「AKG Headphones」と連携させることで、通話音声に対するイコライザー設定や、自動的に音量を最適化するサウンドオプティマイザーなど、より高度な機能を設定できるとのこと。

Bluetoothはバージョン5.3に準拠し、コーデックはLDAC/AAC/SBCをサポート。後日のファームウェア・アップデートにより、LC3(LE Audio)にも対応を予定する。さらに充電ケースに収納できるUSB Type-Cドングル(送受信機)も同梱。USBドングルとの接続時は、ドングルから本体マイクのミュートオン/オフ操作やステータス確認が可能だという。

一般的なBluetooth接続に加え、USBドングルを使用したワイヤレス接続にも対応する

このほか、2台のデバイスと同時にBluetoothペアリングができるマルチポイントや、Androidデバイスと簡単に接続できるGoogle Fast Pair、Windowsデバイスと簡単に接続できるMicrosoft Swift Pairなどの機能にも対応。接続のわずらわしさを低減し、ストレスフリーな使い勝手を実現したとしている。

イヤホン単体の連続再生時間は、Bluetooth接続時で最長約8時間(ANCオン)/約10時間(ANCオフ)、LDACコーデック使用時で最長約5.5時間(ANCオン)/約9時間(ANCオフ)。USBドングル接続時で最長約4時間(ANCオン)/約9時間(ANCオフ)となる。

充電ケースには満充電約3回分のバッテリーを内蔵。15分の充電で約4時間の再生が可能な急速充電に対応する。

イヤホン本体はIP54等級の防水防塵、充電ケースはIPX2等級の防滴に対応。質量は、イヤホン本体が約6g、充電ケースが約48.4g。

■ハウジング内にUSBドングルを収納できる「N9 Hybrid」


「N9 Hybrid」は、Bluetooth接続/USBドングル接続/有線接続に対応したオーバーイヤー型のBluetoothヘッドホン。

40mmドライバーユニットに独自の設計/チューニングを加え、広いサウンドステージを再現できるという

40mmドライバーユニットには、PU素材にLCP(液晶ポリマー)を組み合わせた振動板を採用。強度/硬度の高いLCPが振動板の共振と歪みを抑制することで、深みと迫力をあわせ持つ低音域、鮮やかな中音域、詳細で伸びやかな高音域を実現。さらに独自の音響設計とチューニングを加えることで、AKGらしい広いサウンドステージを再現するとのこと。

本機も「リアルタイム補正付きハイブリッドノイズキャンセリング」および外音取り込み機能を搭載。通話においてもビームフォーミングマイクとフィードフォワードマイクによってクリアな品質でコミュニケーションが可能だとする。アプリ「AKG Headphones」にも対応する。

内部構造のイメージ図

Bluetoothはバージョン5.3に準拠し、コーデックはLDAC/AAC/SBCをサポート。LC3(LE Audio)にも後日のファームウェア・アップデートにより対応を予定する。またUSBドングルは、使用しない間はハウジング内に収納することができる。

USBドングルをハウジング内に収納できる

連続再生時間は、Bluetooth接続時で最長約55時間(ANCオン)/約100時間(ANCオフ)、LDACコーデック使用時で最長約51.5時間(ANCオン)/約91時間(ANCオフ)。USBドングル接続時で最長約45時間(ANCオン)/約85時間(ANCオフ)となる。また、10分の充電で約6時間の再生が可能な急速充電に対応する。本体質量は約281g。

付属品の一覧

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
クローズアップCLOSEUP
アクセスランキング RANKING
1 Amazonプライムデーを攻略、「先行セールで安くなるアイテム」情報まとめ
2 女子プロゴルフ海外メジャー「アムンディ・エビアン選手権」、7/11から4日間の放送・配信予定
3 シンプル&コンパクトで圧巻のサウンド!オーディオテクニカの「AT-SP3X」でレコードを楽しみ尽くす
4 ノジマとオーディオスクエアのシナジーで“テレビの音の最適解”を案内。存在感を増すネットワーク&HDMI対応アンプ
5 音楽的な感性が豊かに息づく。国産真空管ブランド、オーディオ・ノートのフォノEQ&プリアンプに陶酔
6 全ての理想を叶えた“新定番”にふさわしいデノンのアナログプレーヤー「DP-3000NE」を徹底レビュー
7 人気声優・小岩井ことりも納得の実力派ヘッドホン!B&W「Px8」「Px7 S2e」の魅力とは?
8 オーディオテクニカ、小型サイズのアクティブスピーカー「AT-SP3X」。アナログ製品向けチューニングを実施
9 マランツ「MODEL M1」高評価の理由と開発秘話。「ピュアオーディオの新しい形」誕生の裏側に迫る!
10 サムスン、完全ワイヤレスイヤホンのデザイン刷新。カナル型「Galaxy Buds3 Pro」とオープン型「Galaxy Buds3」
7/12 10:21 更新
MAGAZINE
音元出版の雑誌
オーディオアクセサリー193号
季刊・オーディオアクセサリー
最新号
Vol.193
オーディオアクセサリー大全2024~2025
別冊・ケーブル大全
別冊・オーディオアクセサリー大全
最新号
2024~2025
プレミアムヘッドホンガイドマガジン vol.21 2023 WINTER
別冊・プレミアムヘッドホンガイドマガジン
最新号
Vol.21
プレミアムヘッドホンガイド Vol.31 2024 SPRING
プレミアムヘッドホンガイド
(フリーマガジン)
最新号
Vol.31(電子版)
VGP受賞製品お買い物ガイド 2024年冬版
VGP受賞製品お買い物ガイド
(フリーマガジン)
最新号
2024年夏版(電子版)
DGPイメージングアワード2023受賞製品お買い物ガイド(2023年冬版)
DGPイメージングアワード受賞製品お買い物ガイド
(フリーマガジン)
最新号
2023年冬版(電子版)
音元出版の雑誌 電子版 読み放題サービス
「マガジンプレミアム」お試し無料!

雑誌販売に関するお問合せ

WEB
  • PHILE WEB
  • PHILE WEB AUDIO
  • PHILE WEB BUSINESS
  • ホームシアターCHANNEL
  • デジカメCHANNEL
AWARD
  • VGP
  • DGPイメージングアワード
  • DGPモバイルアワード
  • AEX
  • AA AWARD
  • ANALOG GPX