• ブランド
    特設サイト
公開日 2022/10/26 10:02

ソニー、「LinkBuds」「LinkBuds S」に新バリエーション。ビジネス特化モデルやカラバリを追加

ビジネス/エコ視点を強めたモデル
編集部:成藤 正宣
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソニーは、同社完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」のビジネス向けバリエーションモデル「LinkBuds UC for Microsoft Teams」、および「LinkBuds S」の新カラーバリエーション “EarthBlue” を、2022年11月4日より順次発売する。価格はいずれもオープン。

・「LinkBuds UC for Microsoft Teams」予想実売価格:税込30,000円前後/11月25日発売

「LinkBuds UC for Microsoft Teams」

・「LinkBuds S “EarthBlue”」予想実売価格:税込26,000円前後/11月4日発売予定

「LinkBuds S」“EarthBlue”

「LinkBuds UC for Microsoft Teams」(以下、LinkBuds UC)は、“ながら聴き” スタイルの完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」をベースに、ビジネスシーンにおける利便性向上を目的とした機能と付属品を追加したモデル。LinkBudsの特徴である、耳をふさがない「12mmリング型ドライバーユニット」と小型軽量設計による快適な装着性を活かしつつ、テレワーク/オフィスワークを問わず快適にする仕事用アイテムとして調整されている。

本モデルには専用のUSBトランシーバーが付属し、PCに接続することでイヤホン本体と2.4GHz通信が可能。加えてBluetoothデバイス1台とペアリングしての同時待受も可能で、仕事用PCとスマートフォンをシームレスに使い分けられるとしている。

専用のUSBトランシーバーを付属。仕事用PCとBluetooth端末をシームレスに切り替えられる

タップ操作をする際、LinkBuds UC本体の直接タップだけでなく、耳の周辺のタップにも反応する「ワイドエリアタップ」の感度調節にも対応。専用スマートフォンアプリ「Headphones Connect」から、標準/高/機能オフを切り替えられるようになった。

「ワイドエリアタップ」機能の感度調整に対応

また、USBトランシーバーで接続している場合、「Microsoft Teams」デスクトップアプリの一部機能を、LinkBuds UC本体のタップコントロールによって操作することが可能。Teamsアプリの起動/最前面表示や、着信の受話、マイクのオン/オフ、挙手機能などを、PCから離れていても耳元から操作することができる。

なお、上記のTeams操作機能は、主に企業や学校等で導入されているプランのデスクトップアプリでのみ利用可能。具体的には、Microsoft Teams Essentialsプラン(Microsoft認定パートナーを通じて購入した場合のみ)/Microsoft 365 Businessシリーズ/Microsoft 365 Enterpriseシリーズ/Microsoft 365 Educationシリーズが対応し、無料プランや家庭向けプランでは非対応となる。

その他のスペックは「LinkBuds」通常モデルと同等。中心部に穴が空いた12mmのリング型ドライバーユニットにより、耳をふさがず密閉感の少ない装着感や、イヤホンの再生音を聴きつつ周囲の音にも気を配ることができる “ながら聴き” スタイルを実現。小型軽量設計により長時間装着の快適性も高めている。

本体の連続再生時間は最長約5.5時間、連続通話時間は最長約2.5時間。BluetoothコーデックはSBC/AACをサポート。イヤホン本体は、リングドライバーユニット部を除きIPX4相当の防滴性能を備える。

「LinkBuds S EarthBlue」は、外音取り込みにより“ながら聴き”スタイルを実現した完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds S」の新カラーバリエーション。従来から同社が実施してきた環境配慮への取り組みを、デザイン面により色濃く反映したモデルとなり、売上の一部は国際環境NGOのコンサベーションインターナショナル(CI)に寄付される。

環境保護への取り組みをデザインに色濃く取り入れたカラーバリエーション

従来からLinkBudsシリーズには、本体/ケースの素材の一部として、工場回収樹脂由来の再生プラスチックが採用されてきた。今回の “EarthBlue” モデルでは、ソニー独自の技術を用いて生成したというウォーターサーバーボトル再生樹脂を新たに採用。高い粘着力を持つというこの再生樹脂を青く着色することで、1点1点異なるマーブル模様を実現している。

独自の技術で生成したウォーターサーバーボトル再生樹脂を青く着色し、独特のマーブル模様を実現。製品個体ごとに異なる模様を楽しめる

デザイン以外のスペックは「LinkBuds S」通常モデルと同等。5mmダイナミックドライバーと独自開発のプロセッサー「V1」を搭載し、“ソニー完全ワイヤレス史上最高” を謳う外音取り込み性能を実現。高性能なノイズキャンセリング機能も搭載しつつ、小型軽量設計による疲れにくい装着性、AI技術を活用した優れた通話品質も兼ね備えたとする。

本体の連続再生時間は最長約6時間で、充電ケースを併用すると約20時間となる。BluetoothコーデックはSBC/AAC/LDACをサポート。Sound ARなど立体音響技術にも対応する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

クローズアップCLOSEUP
アクセスランキング RANKING
1 女子プロゴルフ「大東建託・いい部屋ネットレディス」7/18から4日間の放送・配信予定
2 4年経っても色褪せない価値がある。改めて識りたい、デノン周年機「A110シリーズ」の魅力
3 「音良すぎだろ…」。VGPコスパ大賞イヤホン、SOUNDPEATS「Capsule3 Pro+」レビュー【割引クーポン有】
4 “イタリアの至宝”ソナス・ファベールの「Lumina Amator」。美しい仕上げと有機的な音色に惚れる
5 ゲオ、「ゲオのイヤホンシリーズフェア 2024 SUMMER」開催。高コスパモデルが勢揃い
6 夢から現実になった憧れの“壁掛け”テレビ。コール徳島店・野田店長「かっこいい!憧れる!と相談が増えています」
7 「ピアニストには恐ろしいスピーカー!」西本夏生さんと聴くパラダイム「Founder 40B」の色気
8 ウィーンアコースティクス初のアクティブスピーカー「Mozart Infinity」、しなやかな表現を聴く
9 TAD、回路刷新や新電源トランスを採用した2chパワーアンプ「TAD-M1000TX」
10 iPhoneユーザーがブラウザ「Safari」を選ぶメリットとは?プライバシー保護の観点から考える
7/19 10:57 更新
MAGAZINE
音元出版の雑誌
オーディオアクセサリー193号
季刊・オーディオアクセサリー
最新号
Vol.193
オーディオアクセサリー大全2024~2025
別冊・ケーブル大全
別冊・オーディオアクセサリー大全
最新号
2024~2025
プレミアムヘッドホンガイドマガジン vol.21 2023 WINTER
別冊・プレミアムヘッドホンガイドマガジン
最新号
Vol.21
プレミアムヘッドホンガイド Vol.31 2024 SPRING
プレミアムヘッドホンガイド
(フリーマガジン)
最新号
Vol.31(電子版)
VGP受賞製品お買い物ガイド 2024年冬版
VGP受賞製品お買い物ガイド
(フリーマガジン)
最新号
2024年夏版(電子版)
DGPイメージングアワード2023受賞製品お買い物ガイド(2023年冬版)
DGPイメージングアワード受賞製品お買い物ガイド
(フリーマガジン)
最新号
2023年冬版(電子版)
音元出版の雑誌 電子版 読み放題サービス
「マガジンプレミアム」お試し無料!

雑誌販売に関するお問合せ

WEB
  • PHILE WEB
  • PHILE WEB AUDIO
  • PHILE WEB BUSINESS
  • ホームシアターCHANNEL
  • デジカメCHANNEL
AWARD
  • VGP
  • DGPイメージングアワード
  • DGPモバイルアワード
  • AEX
  • AA AWARD
  • ANALOG GPX