• ブランド
    特設サイト
公開日 2017/07/05 17:42

EARINの完全ワイヤレスイヤホン「M-2」、日本で8月末発売、29,800円。通話やNC機能も

タッチ操作や通話に対応
編集部:風間雄介
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
モダニティは、スウェーデンEARINの完全ワイヤレスイヤホン第2弾として、「M-2」を8月末に発売する。価格は29,800円(税抜)。

EARIN「M-2」(ブラック)

EARIN「M-2」(ホワイト)

ブラックとシルバーの2色が用意され、シルバーは2017年秋の発売を予定する。

装着イメージ

本日東京都内で発表会が開催され、EARINのセールス・ディレクターであるセバスチャン・ドミンゲス氏が製品の概要を紹介した。

EARINのセールス・ディレクターであるセバスチャン・ドミンゲス氏

EARINは、スウェーデンのオーディオ機器メーカーEpickal AB社が手がけるブランド。前モデルの「M-1」は、いち早く左右完全ワイヤレス仕様を実現し、国内外で注目を集めた。

M-2は今年1月のCESで発売がアナウンスされ、その時点では2017年1Qの終盤に出荷開始すると発表されていた。若干リリースタイミングが遅くなったが、今回ついに詳細が明らかにされた格好。なおプレス向け発表会が開催されるのは、本日行われている日本が初めて。なお発売の際も、ファーストロットをまず日本で販売するという。

Bluetoothの対応コーデックはSBC、AAC、aptX。Knowles社製の6.5mmドライバーを備えている。周波数特性:は20 - 20kHz。外形寸法は14.5x21x17.2mm、質量は3.6g。

イヤホン部

本機の周波数特性を他社製品と比較

新たにタッチ操作に対応。イヤホンをタッチすることで、電話を受けたり、音楽を再生・停止・曲送りすることが可能となった。またSiriなどデジタルアシスタントへのアクセスも行える。

タッチ操作は左右のイヤホン部のどちらでも可能

1度のフル充電で3時間使用可能で、充電用のカプセルを併用することで最大12時間まで使用できる。この充電用カプセルも新デザインで、メタル素材を採用。また充電状態を表示するLED表示も、これまでは赤と緑の単純な表示だったが、今回は3点表示にし、充電状況をさらにわかりやすくした。さらに各イヤーピースの充電状況もLEDで分かるようになった。「これは市場の要望が強かった」(ドミンゲス氏)。

付属カプセルとイヤホン部


左右のイヤホンのあいだの通信は、デュアルアンテナを用い、NXP Semiconductors社の「MiGLO」技術を採用。このMiGLOは、NXPのNFMI(近距離磁気誘導)技術を採用しており、左右の安定性を高めているほか、レイテンシーが低く、デュアルモノラル通話にも対応している。

MiGLOについては、NXPジャパン(株)技術統括部 シニアフィールドアプリケーションエンジニアの平賀浩志氏が解説した。NFMI(近距離磁気誘導)は、もともと補聴器で培った技術で、10年ほどの実績がある。通常の電波は高周波で、人体に吸収されやすく、もう片側の耳に電波が通らないという課題があった。頭の周りを回り込んで無線通信するため、出力を高くする必要があったり、遅延の問題もあった。

NXPジャパン(株)技術統括部 シニアフィールドアプリケーションエンジニアの平賀浩志氏

MiGLO技術の概要

これに対してMiGLOでは、10MHz程度の周波数を使うため、人体や水中での吸収は、2.4GHz帯に比べて約1,000分の1程度に抑えられる。また頭の中を通して無線通信できるため、最短距離で音声の無線伝送が可能になる。

MiGLO技術を採用するメリット

さらにMiGLOは、人体に吸収されにくいという特性があるため、左右の音が途切れる、いわゆるドロップアウトも解消。またレイテンシーが低いため、デュアルモノラルによる通話も行える。

ノイズリダクション機能も搭載。マイクを4つ備え、外部ノイズの取り込みを抑えられる。通話相手側のノイズを10-15dB程度下げ、会話を聞き取りやすくする。これにより通話時の聞こえやすさも高めている。NCはON/OFFの切替が可能。さらに、本機を装着して発話する際のノイズも低減。通話相手も通話を聞き取りやすくなるという。

ノイズリダクション機能を搭載


また本体形状もM-1から一新。M-1は砲弾型の形状をしていたが、本機は複数の曲線と直線を組み合わせた複雑な形状に変更。これにより装着感と遮音性を高めたとしている。さらに風切り音の低減も実現しており、ノイズリダクション時の不快な音の混入を抑えている。

イヤーチップもカスタムメイドのものを採用。パッシブノイズリダクション性能については、平均で25dBのノイズ低減が可能。500ヘルツ以上の高周波数帯は30-40dB、200Hz以下の低周波数体は約10dB程度抑えるという。

イヤーチップも新開発

アプリケーションも刷新。新たにファームウェアのアップデートやノイズキャンセリングのモード設定、イコライザー設定などの機能を追加する。

アプリでファームウェアのアップデートが可能に

同梱物一覧

もちろんアプリでは、従来からあるカスタムネーム、バッテリー残量チェック、左右バランス設定、ベースブースト機能も踏襲する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

製品スペックを見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドEARIN
  • 型番M-2
  • 発売日2017年8月末
  • 価格29800
【SPEC】●ドライバーサイズ: 6.5 mm ●周波数特性:20Hz〜20kHz ●感度:105db SPL + 2dB ●インピーダンス:22Ω ●サポートコーデックス: AAC, aptX, SBC ●外形寸法:21W×14.5H×17.2mm ●質量:3.6g ●再生時間:3時間 ●充電時間:60分
クローズアップCLOSEUP
アクセスランキング RANKING
1 女子プロゴルフ「大東建託・いい部屋ネットレディス」7/18から4日間の放送・配信予定
2 4年経っても色褪せない価値がある。改めて識りたい、デノン周年機「A110シリーズ」の魅力
3 「音良すぎだろ…」。VGPコスパ大賞イヤホン、SOUNDPEATS「Capsule3 Pro+」レビュー【割引クーポン有】
4 “イタリアの至宝”ソナス・ファベールの「Lumina Amator」。美しい仕上げと有機的な音色に惚れる
5 ゲオ、「ゲオのイヤホンシリーズフェア 2024 SUMMER」開催。高コスパモデルが勢揃い
6 夢から現実になった憧れの“壁掛け”テレビ。コール徳島店・野田店長「かっこいい!憧れる!と相談が増えています」
7 「ピアニストには恐ろしいスピーカー!」西本夏生さんと聴くパラダイム「Founder 40B」の色気
8 ウィーンアコースティクス初のアクティブスピーカー「Mozart Infinity」、しなやかな表現を聴く
9 TAD、回路刷新や新電源トランスを採用した2chパワーアンプ「TAD-M1000TX」
10 iPhoneユーザーがブラウザ「Safari」を選ぶメリットとは?プライバシー保護の観点から考える
7/19 10:57 更新
MAGAZINE
音元出版の雑誌
オーディオアクセサリー193号
季刊・オーディオアクセサリー
最新号
Vol.193
オーディオアクセサリー大全2024~2025
別冊・ケーブル大全
別冊・オーディオアクセサリー大全
最新号
2024~2025
プレミアムヘッドホンガイドマガジン vol.21 2023 WINTER
別冊・プレミアムヘッドホンガイドマガジン
最新号
Vol.21
プレミアムヘッドホンガイド Vol.31 2024 SPRING
プレミアムヘッドホンガイド
(フリーマガジン)
最新号
Vol.31(電子版)
VGP受賞製品お買い物ガイド 2024年冬版
VGP受賞製品お買い物ガイド
(フリーマガジン)
最新号
2024年夏版(電子版)
DGPイメージングアワード2023受賞製品お買い物ガイド(2023年冬版)
DGPイメージングアワード受賞製品お買い物ガイド
(フリーマガジン)
最新号
2023年冬版(電子版)
音元出版の雑誌 電子版 読み放題サービス
「マガジンプレミアム」お試し無料!

雑誌販売に関するお問合せ

WEB
  • PHILE WEB
  • PHILE WEB AUDIO
  • PHILE WEB BUSINESS
  • ホームシアターCHANNEL
  • デジカメCHANNEL
AWARD
  • VGP
  • DGPイメージングアワード
  • DGPモバイルアワード
  • AEX
  • AA AWARD
  • ANALOG GPX