独自開発のBluetoothアンテナ制御ソフト採用

新ブランド「M-SOUNDS」、1万円以下/4gの完全ワイヤレスイヤホン「MS-TW1」

編集部:伊藤 麻衣
2017年07月04日
(株)エム・エス・シーは、自社ブランド“M-SOUNDS(エムサウンズ)”より、質量4gの完全独立型のBluetooth対応ワイヤレスイヤホン「MS-TW1」を7月12日に発売する。価格はオープンだが、9,980円前後での販売が予想される。カラーは、ブラック/ホワイトの2色。

「MS-TW1」

M-SOUNDSは、スマートフォン関連グッズなどを手がける(株)エム・エス・シーの自社ブランド。頭文字の「M」は「Mirai(ミライ)」を表し、「新しい未来のミュージックライフを提供する」としている。『音楽をより快適に、より身近に』をコンセプトに、“音”はもちろん“使い勝手”にもこだわった製品開発・リリースを目指している。

ドライバーは、6mm口径のダイナミック型ドライバーを搭載。独自開発のBluetoothアンテナ制御ソフトを採用し、接続の安定性を高め、音途切れの低減を実現したとする。

Bluetooth規格は、バージョン4.2(Class2)に準拠。対応コーデックはSBCのみ、プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFPに対応する。ハンズフリー通話に対応し、通話ノイズキャンセラー(第8世代 CVC)機能により、クリアな音声通話を可能にしたという。

イヤホン本体には、MFB(多機能)ボタンを備え、通話・音楽再生/停止や、音声認識ソフトを起動できる。質量は片方約4gと軽量で、疲れにくく安定した装着感を実現しているという。

連続駆動時間は、通話/音楽再生時で最大約2.5時間、待受時は最大100時間。充電時間は、イヤホン本体・充電ケースともに共通で約2時間となる。

充電ケースは、イヤホン本体を約3回フル充電できるバッテリー(480mAh)を内蔵。イヤホン使用後は、充電ケースに戻すだけで自動的に電源がオフになる。また、Bluetoothの自動接続機能を備えており、1度ペアリングすれば充電ケースからイヤホンを取り出すだけですぐに使うことができる。

充電ケースにおさめたところ。左からブラック、ホワイト

イヤーピースには、“音のこもり”を最小限に抑制するというイヤーピースを採用。サイズはS/M/Lを用意する。

入力インピーダンスは16Ω、再生周波数は20Hz〜20kHz、音圧感度は91dB±3dB。マイク感度は-42±3dB(CVC6.0対応)。イヤホン本体の外形寸法は25.5W×24H×16Dmm(イヤーピースM装着時)で、質量は約4g(片方)。充電ケースの外形寸法は、75W×32H×33Dmm(突起部含まず)、質量は約42g。

【問い合わせ先】
エム・エス・シー サポートセンター
TEL/050-2018-0883

関連記事