【連載】ガジェットTIPS

FPSゲームを楽しみたい! 液晶モニター選びのポイントは?

  • Twitter
  • FaceBook
海上忍
2020年08月15日
FPSゲームに使う液晶モニターが欲しい、という声をよく耳にします。理由を聞くと、誰にもジャマされずゆっくり楽しみたいというだけでなく、機能的な理由を挙げる人も多いようです。

選ぶ際のポイントは、「応答速度」と「リフレッシュレート」。応答速度とは、画面を構成する1つ1つの点(画素)がある色から他の色へ、たとえば緑から赤へと変化する速度を意味します。この数値(単位はms、1msは1000分の1秒)の小さいほうが応答速度に優れ、残像感が少ないシャッキリした描画が得られます。

1ms/144Hz対応モデルの一例、ZOWIE「XL2430」

応答速度に併記される「GTG」も重要です。GTGとはGray To Grayの略で、ある中間階調から他の中間階調への変化速度を意味します。応答速度は黒から白など点灯した状態から消灯した状態(あるいはその逆)に変化する時間を測定しますが、実際にはそこまで極端な切り替えが行われることは少なく、中間階調から中間階調へと切り替えられることが多いため、実用的な速度を知るにはGTGが適しています。

また、リフレッシュレートにも注目しましょう。リフレッシュレートとは、液晶モニタが1秒間に描画できる回数のこと。性能を表す単位は「Hz(ヘルツ)」で、60Hzの場合は毎秒60回画面が書き換えられることを意味します。一般的に、この値が高いほど人間の眼には滑らかな映像として映るため、120Hz、240Hzなどとリフレッシュレートの高いほうが高性能だといえます。

そのほかにFPSで気になる現象として、映像が左右にズレて見える「ティアリング」、カクついて見える「スタッタリング」があります。いちばんの対策は、可変リフレッシュレート技術に対応しているモニターを選ぶこと。AMDが開発した「FreeSync」とNVIDIAの「G-SYNC」という2種類が存在するため、PCに搭載されているGPU/グラフィックボードに応じて選択しましょう。

関連記事