【連載】ガジェットTIPS

海外の音楽アプリで見かける「MOD」や「S3M」ってなに?

海上忍
2020年07月29日
スマートフォン用音楽再生アプリの対応フォーマットを注意深く見ると、AACやFLACなど見慣れたもの以外に「MOD」や「S3M」、「XM」といった名前を見かけることがあります。海外、特に欧州で開発されたアプリでサポートされることが多いこれらのフォーマットは、音楽モジュールフォーマット、通称「MOD(モッド)」です。

MODなどモジュールフォーマットの音楽ファイルは、1990年代に登場しました。当時、映像と音楽を再生するプログラムを1枚1メガバイト程度のフロッピーディスクに収めた「デモ(メガデモ)」が欧州を中心に人気を集めており、多くの開発チームがプログラミング技術と内容の質を競い合っていました。技術力をうかがわせる画像エフェクトと楽曲の魅力がなければ、デモは評価されません。



デモの競技会に参加するには、ファイルサイズなど厳しいレギュレーションをクリアしなければなりません。そこで、音楽はWAVのような波形データにせず、楽譜データと音色データを組み合わせたモジュールフォーマット(MIDIファイルとサンプリング音源の関係に似ています)を使うことで容量節約を図ったのです。

やがてMODはデモから切り離され、欧州のアマチュアミュージシャンを中心に制作されるようになりました。「トラッカー」と呼ばれるシーケンサソフトにも強力なものが登場し、それらで制作された楽曲は「S3M」や「XM」、「IT」といったモジュールフォーマットの形で(主に非営利で)草の根BBSやインターネットを通じ配布され、熱心なファンを生み出すことになります。

往時に比べトラッカーを利用した音楽制作は下火になってしまいましたが、MODはいまなおWEBから無償ダウンロードできます。ジャンルはさまざまですが、1990年代に流行ったこともあり、当時人気のテクノ/エレクトロロックやトランス、アンビエント系の高水準な楽曲が揃っています。MODに対応したアプリを持っているのなら、The Mod Archive(https://modarchive.org/)などのサイトから入手してみては?

MODを再生できるスマートフォンアプリは意外に豊富です(画面はAndroidアプリ「Neutron Music Player」)

関連記事