【連載】ガジェットTIPS

Windowsで「Bonjour」だけ使えますか?

海上忍
2019年05月20日
Bonjour(ボンジュール)といえば、Mac/iPhoneに標準装備のネットワーク設定自動化機能のこと。パソコン/スマートフォンやデジタル家電など「TCP/IP」でつながるネットワークは、それぞれにIPアドレスという一意の数値を設定しなければなりませんが、Bonjourはそれを自動化してくれます。iPhoneからMac、あるいはMacからiPhoneに接続するとき、数字が並ぶだけのIPアドレスに代わり「○○○.local」(○○○の部分は端末名)で通信できるのは、Bonjourのおかげです。

WindowsでもBonjourを利用できますが、単独では配布されていません。Windows版iTunesとあわせてインストールするしかなく、iTunesは必要ないけれどBonjourは使いたい、というユーザにとって困った状況になります。

圧縮・解凍ソフトで「Bonjour64.msi」を抽出すればBonjourだけをインストールできます

そんなときは、iTunesをインストールせず(導入済であればアンインストールを実行)、AppleのWEBサイト(https://www.apple.com/jp/itunes/download/)からiTunesのパッケージだけをダウンロードし、7-zipなどの圧縮・解凍ソフトを使いBonjour部分を取り出します。64bit版iTunesを例にすると、ダウンロードした「iTunes64Setup.exe」を圧縮・解凍ソフトで開き、「Bonjour64.msi」を抽出すればOKです。

あとは抽出した「Bonjour64.msi」をダブルクリックして画面の指示に従い作業すれば、Bonjourだけをインストールできます。同じネットワークに接続したパソコン/スマートフォンから「Windowsのコンピュータ名.local」というアドレス名でアクセスできるようになるので、音楽や映像のファイルをやり取りするときに便利ですよ。

関連記事