【連載】ガジェットTIPS

駅のホームでワイヤレスイヤホンの音が途切れがちなのはなぜ?

海上忍
2019年04月22日
ワイヤレスイヤホンで音楽を聴きながら電車に乗っていると、駅のホームに到着するタイミングで音が途切れることがあります。音途切れが激しいイヤホンもあれば、滅多に発生しないイヤホンもあり、製品によって症状に差がありますが、そもそもなぜ電車が駅のホームに到着するとき音途切れが多発するのか、不思議に感じるかもしれません。

その理由は、ワイヤレスイヤホンが使用する無線通信(Bluetooth)帯域の混雑と、Bluetoothの通信手順にあります。ワイヤレスイヤホンの受信感度とスマートフォンなど送信側機器の出力である程度カバーできてしまうため、ほとんど音途切れが発生しないこともありますが、駅のホームのように通信条件が厳しい場所では起こりがちです。

駅のホームでワイヤレスイヤホンの音が途切れがちになるのはなぜ?

ほとんどのワイヤレスイヤホンが使用するBluetoothは、2.4GHz帯(2400〜2483MHz)に1MHz刻みで79のチャネルを設け、毎秒1600回という速さで切り替えつつ通信する「周波数ホッピング(FHSS)」と呼ばれる機能を持ちます。さらに、他のワイヤレス機器が使用中の周波数を避けることで通信の安定化を図る「アダプティブ周波数ホッピング(AFH)」という機能も用意されており、電波干渉を抑えています。

しかし、混雑した電車が(これまた混雑している)駅のホームに到着するときには、2.4GHz帯が"混雑"してしまい、FHSS/AFHでも切り替え先が見つからない瞬間が生じることがあります。これが音途切れの原因で、混雑した電車や駅のホームにかぎらず、ワイヤレスイヤホンやスマートフォンなど2.4GHz帯を使う機器の利用者が多く行き交う場所でも起こりがちです。

関連記事