【連載】ガジェットTIPS

プロジェクターの「超大画面」でストリーミングサービスを楽しむ方法

海上忍
2019年04月16日
プロジェクターでNetflixやHuluといった動画ストリーミングサービスを視聴することは、もちろん可能です。動画ストリーミング再生機能(アプリ)が用意されたビデオレコーダー/プレーヤー、HDMI出力可能なパソコンやスマートフォン、HDMI端子に挿して使うストリーミングデバイスなど選択肢はいろいろあります。

ストリーミングデバイスの場合、Amazon Fire TV Stick 4KやChromecast Ultraなどの4K/HDR対応製品を選べば、4K/HDRコンテンツを楽しむことも可能です。しかも価格は1万円以下、小さいため場所をとらないというメリットもあります。

プロジェクターでストリーミングサービスを楽しむには?

ただし、プロジェクターでストリーミングデバイスを利用する場合、いくつかの注意点があります。

ひとつは設置場所。ストリーミングデバイスはHDMIポートに挿して使うタイプものが多く、プロジェクターの背面にある程度のスペースが必要になります。

電源の確保も重要です。多くのストリーミングデバイスはUSB給電を受けますが、目安として5V/1A以上必要なため、プロジェクターのUSBポートが1A以下の出力の場合、電源を別途確保しなければなりません。

通信帯域の安定化も忘れてはなりません。ストリーミングデバイスはWi-Fiの利用を前提としていますから、Wi-Fiの電波が届きにくい場所にプロジェクターを設置していると、特に情報量の多い4K/HDRコンテンツの場合、なめらかに再生されない可能性がでてきます。オプションのイーサネットアダプタを用意するか、プロジェクターの近くにWi-Fiアンテナを設置して通信を安定化することを検討しましょう。

関連記事