【連載】ガジェットTIPS

「Made for iPhone」の表示がないアクセサリー、買っても大丈夫?

海上忍
2019年04月24日
Made for iPhone(略称:MFi)は、Appleがサードパーティー向けに実施しているiPhoneアクセサリー認証制度で、製品ジャンルごとに細かく性能基準が定められています。この認証をクリアした製品には、「Made for iPhone」ロゴを製品紹介文やパッケージに掲示することを許され、消費者に対する “安全の印” として機能しています。

逆にいえば、パッケージにMFiのロゴが掲示されていない製品は、Appleの認証テストを受けていないことを意味します。認証テストをクリアするためには、指定の部品を使用しているか、決められたとおりの動作をするかのチェックはもちろん、財務状況など企業としての信用度も計られるため、時間と費用がかかります。

「Made for iPhone」の表示がないアクセサリでも使えますが……

一方、MFiロゴの掲示がないiPhone用アクセサリも存在します。どう見てもLightningケーブルなのにMFiロゴが見当たらない製品は、安価に提供するため意図してMFiを取得していないと考えられます。実際、MFiを取得した製品と同等の部品を採用し、機能面でほとんど遜色ないMFi未認定製品も少なくありません。

Appleによる “お墨付き” がないだけに、動作の安定度や品質面での不安を拭い去れないことは確かですが、口コミ情報を参考に割安なほうを選ぶという考え方もアリでしょう。

とはいえ、充電器やモバイルバッテリーのように発熱・火災の危険性がある製品は、厳しい審査をクリアしているほうが安心です。Lightningケーブルのように指定のICを使うアクセサリーは、MFi未認定製品はiOSのアップデートにより使えなくなる可能性もあります。安物買いの……という言葉もありますから、慎重に考えてみては?

関連記事