HOME > レビュー > ビクター「SP-WS02BT」「SP-WM01BT」レビュー。木のぬくもりと「本物の音を鳴らす」本格派Bluetoothスピーカー

PR使い勝手・デザイン・音質どれも完成度が高い

ビクター「SP-WS02BT」「SP-WM01BT」レビュー。木のぬくもりと「本物の音を鳴らす」本格派Bluetoothスピーカー

2023/12/01 土方久明
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

「使い勝手」「デザイン」「音質」どれも完成度が高いBluetoothスピーカー



ビクターの天然木デザインBluetoothスピーカー「SP-WS02BT」(左)と「SP-WM01BT」(右)をレビュー

昨今の音楽再生事情といえば、スマートフォンで手軽に聞けるApple MusicやAmazon Musicなどの定額制ストリーミングサービスに、Bluetooth接続ができるワイヤレスヘッドホンやスピーカーの組み合わせが人気だ。

この「手軽さ」を優先しつつも、「音質」に妥協はしたくない方が増えている。前回ご紹介した国内大手の総合オーディオ/ビジュアルブランド、ビクターの一体型のミニコンポーネントシステム「EX-DM10」は、まさにそんな方にバッチリの存在だった。

インテリアに映える木目仕上げの小型ボディには、ビクターのお家芸“ウッドコーンスピーカー”を搭載し、設置性も高い。その本格的な音質に僕はEX-DM10を高く評価したのだけど、さらにビクターからは、ウッドコーンではないが天然木デザインを採用したさらにコンパクトなBluetoothスピーカーも2機種登場している。

それが「SP-WS02BT」と「SP-WM01BT」だ。

SP-WS02BT

最初に話しておくと、両モデルともEX-DM10同様にビクターの開発者がしっかりと設計や音決めを行なっており、使い勝手、デザイン、音質的な完成度も高かった。

EX-DM10とSP-WS02BTとのサイズ比較

ステレオモデル「SP-WS02BT」と手のひらサイズのモノラルモデル「SP-WM01BT」



まずはステレオタイプのSP-WS02BTからご紹介しよう。本体サイズは横幅208mm×高さ81mm×奥行き80mmとコンパクト。本体(エンクロージャー)は高剛性の樹脂(ABSとポリカーボネートの混合)により構成した上で、天然木をホゾ組みと接着によって頑丈に組んだ木枠で囲っている。

次ページ「これは小さな名機だ」と思わず頬が緩む高音質

1 2 3 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE