【特別企画】黄金比のハイブリッド導体構造を継承

音楽が迫り、鼓舞される。ゾノトーン最上位“Shupreme”のフォノケーブル/リード線を検証

生形三郎

前のページ 1 2 次のページ

2020年10月30日
オーディオファイルから熱い支持を集めるハイグレード・ケーブルブランド「ZONOTONE(ゾノトーン)」より、新たにトップエンド “Shupremeシリーズ” のフォノケーブル「Shupreme TW-1」と、リードワイヤー「Shupreme LW-1」が誕生した。

「Shupreme TW-1」(左)/「Shupreme LW-1」(右)

同シリーズはゾノトーンを代表するフラグシップライン。最近では2018年に満を持して登場したスピーカーケーブル「7NSP-Shupreme X」、そしてインターコネクトケーブル「7NAC-Shupreme X」に続いて、ついにアナログファン待望のフォノ周辺のフラグシップケーブルが登場した格好となる。

ゾノトーンのサウンドは、極めて「明朗」かつ「快活」に音楽をグルーヴすることが何よりもの特徴だと、筆者は認識している。そして、たとえエントリーグレードの製品であっても、またオーディオ愛好家の耳でなくとも、ハッキリとその魅力をユーザーに認識させて楽しませてくれることも、多くの人々から愛されてやまない理由のひとつだと考える。

そんなゾノトーンならではの魅力が最大限に発揮されるとともに、上質な滑らかさに加え、圧倒的なS/N感の高さを誇るのが、このShupremeシリーズなのである。

お家芸のハイブリッド導体構造を採用。TW-1は4つの端子をラインナップ

以前、インターコネクトケーブルの「7NAC-Shupreme X」をレビューさせて頂いたが、このフォノケーブル「Shupreme TW-1」も同様に、同社のお家芸であるハイブリッド導体構造が採用されている。

「Shupreme TW-1」

高純度な7NクラスのCu(銅)を中心とした、高純度無酸素銅PCUHD、純銀コートOFC、高純度無酸素銅といった4種類の導体を、ゾノトーン独自のW・T・T・S(Double Twin Core/Triple Shield)構造によって配置しているのだ。

この構造は、2組の2芯2重シールド(アルミラップと銅編組)の外側に、さらに分離させた外環共通シールド(銅編組)を施したもので、信号アースと筐体アースを分離させていることが特徴だ。これによって、昨今注目を集めるMC型カートリッジ昇圧用の「バランス型トランス」などを使用した、MC型カートリッジの完全フローティングによるバランス伝送にも対応する。

ケーブルは馴染みある “ゾノトーンカラー” を踏襲

ケーブルタイプは全部で4種類がラインナップされている。レギュラーシリーズの「ストレート5Pin端子-RCA」と「RCA-RCA」の2種類のほかに、数量限定のバランス伝送対応モデルとして「ストレート5Pin端子-XLR」と「XLR-XLR」の2種類を用意する(いずれも長さ1.5m)。

「ストレート5Pin端子-RCA」85,000円(税抜/1.5m)

「ストレート5Pin端子-XLR」95,000円(税抜/1.5m)

コネクタには、ロジウム・メッキによるオリジナルRCAプラグと、同じく接触部分にロジウム・メッキを施したノイトリック社製XLRプラグを採用。また、介在には天然綿糸を用いるとともに、ケーブルの仕上げはPVC製シースの上から、ゾノトーンの象徴でもある青と黒による2色構成のナイロン編組ジャケットという、お馴染みの構成が踏襲されている。

「XLR-XLR」110,000円(税抜/1.5m)

一方のリードワイヤー「Shupreme LW-1」は、フォノケーブル「Shupreme TW-1」と同じく4種の素材によるハイブリッド導体を採用。こちらは、超高純度8NCuを中心に、高純度無酸素銅線PCUHD、純銀コートOFC、高純度無酸素銅で構成されている。

「Shupreme LW-1」14,000円(税抜/4本組)

これら導体配合比率の決定には、スピーカーケーブルやインターコネクトケーブルと同様に、入念な試作と試聴を繰り返して黄金比率を探ったという。コネクタにはリン青銅に銀メッキと高性能ロジウム・メッキの2重メッキを採用し、ハンダを一切用いない圧着仕上げで導通されている。

「Shupreme LW-1」にはコネクタがきつい際に用いるプッシュピンを付属している

Shupreme TW-1/LW-1の魅力とは? サウンドをチェック

前のページ 1 2 次のページ

関連記事