ノートPCからの移行もOK?

新「iPad Pro」レビュー。LiDARや2カメラ、マウス対応など大きく進化

山本 敦

前のページ 1 2 3 次のページ

2020年03月24日
アップルが新しい「iPad Pro」を3月25日に発売する。同日公開になるiPadOS 13.4を搭載した12.9インチモデルのファーストインプレッションをお届けしよう。

2020年春に発売される第4世代の12.9インチ「iPad Pro」

2020年春に発売されるのは、Liquid Retinaディスプレイを搭載する、12.9インチ/11インチの新しいiPad Pro。12.9インチは第4世代、11インチは第2世代機となる。ラインナップの内訳はニュースでお伝えしている通りだが、最小ストレージサイズが64GBから128GBに増え、価格はWi-Fi+Cellularモデル、Wi-Fi専用モデルともに従来より安価になることに注目したい。カラーバリエーションはシルバーとスペースグレイの2色が揃う。

画面の4つのコーナーを面取りして、Touch IDボタンを省いたフルスクリーンデザインは、2018年秋に発売されたiPad Proをそのまま踏襲した。本体の厚みも5.9mmと変わらない。

左側は2018年に発売された12.9インチのiPad Pro。マルチレンズカメラユニット以外、デザインは大きく変えていない

ディスプレイとオーディオは2018年モデルのハイスペックを継承

ディスプレイの解像度や画素密度などの基本スペックも、2018秋のiPad Proから変更されていない。他のiPadと比べた際、iPad Proならではの強みのひとつが、120Hz駆動による残像感の少ない表示を実現する「ProMotionテクノロジー」だ。倍速表示対応のモバイル用ディスプレイがゲーミングスマホの登場によって注目されているが、その先駆けともいえる。

というのも、実はiPad Proシリーズは、2017年に発売された12.9インチと10.5インチのiPad Proから、いち早くProMotionテクノロジーを搭載しているのだ。Apple Arcadeのゲームも、大きな画面にスムーズに描画される。

Apple Arcadeのゲームエンターテインメントの操作感も向上している

タッチセンサーにカバーガラスと液晶パネルを一体にした「フルラミネーションディスプレイ」を搭載したiPad Proは、Apple Pencilによる書き味がとても滑らかだ。画面の反射率を低く抑えているので、野外など明るい場所での視認性も高い。

新モデルも第2世代のApple Pencilによる手書きペン入力に対応する

11インチと12.9インチで迷う方が多いだろうが、Apple TV+やNetflixの映像コンテンツを快適に楽しみたいなら、画面の大きな12.9インチのiPad Proを筆者はおすすめしたい。12.9インチ、11インチのモデルともにDCI-P3の広色域表示ができて、600nitsの輝度を備える。HDR10とDolby Visionで制作された映像コンテンツの再生には対応しているが、ネイティブHDR表示には非対応となる。周辺環境に応じて画面のホワイトバランスを自動調整する「True Toneテクノロジー」の採用にも抜かりはない。

Apple TV+のコンテンツも高精細&高音質に楽しめる

本体の側面フレームに合計4つのスピーカーを内蔵した。iPhone 11シリーズから採用されているアップル独自の「空間オーディオ」は搭載していないが、パワフルで臨場感も鮮やかなサウンドは特筆したい。Dolby Atmos対応コンテンツの再生時には、iPad Pro内蔵スピーカーだけでリアルな立体サラウンドが楽しめる。

側面に計4基のスピーカーユニットを搭載する

これらのフィーチャーは、繰り返しになるが2018年に発売されたiPad Proから引き継いだものだ。画質・音質については、筆者が所有する第3世代の12.9インチiPad Proと比べて視聴してみても大きな違いは感じられなかった。

AR体験を向上させるダブルレンズカメラとLiDARスキャナ

では、どこが変更されたのか。2020年のiPad Proは、本体背面のメインカメラが大きく進化している。

クリエイティブワークの処理速度もアップ

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク

関連記事