機器そのもののグレードアップに匹敵する効果!

【AAEx2020 グランプリ受賞】音楽から「真」の響きを導き出すACOUSTIC REVIVE「リアリティエンハンサー」

土方久明

前のページ 1 2 次のページ

2019年11月21日
いま、オーディオ市場は空前のアクセサリーブームに湧いている。その中でアコースティック・リヴァイブは、音楽を本当にあるべき形で再生できるアクセサリーを手掛けるとブランドとして、世界中で大きな支持を獲得し続けてきた。

そんな同社の待望の新製品として登場したのが、「リアリティエンハンサー」と名付けられたアクセサリー。105%という驚異の導電率を誇るPC-Triple C/EXを内部配線に使用したことをはじめ、随所に同社のこだわりを盛り込み、見事『オーディオアクセサリー銘機賞2020』にてグランプリに輝いた。


ACOUSTIC REVIVE「RES-RCA / RES-XLR」ショートプラグ(写真左)、「RET-RCA / RET-XLR」ターミネーター(写真右)※それぞれ¥38,000/1個・RCA、¥48,000/1個・XLR

■量子レベルまで踏み込んだ先鋭的な仕様を満載

国内外には多くのオーディオアクセサリーが存在するが、中でも特別な存在として多くのオーディオファイルに一目置かれる存在がアコースティック・リヴァイブだ。同社が掲げる「音に何も足さない、何も引かない」というフィロソフィーには、筆者もおおいに共感するところである。

そんなアコースティック・リヴァイブが、新しいアクセサリーとして「リアリティエンハンサー」を発表した。本製品は、機器やアンプなどの空き入出力端子に接続し、入力端子のショート(短絡)とターミネート(終端)をすることで、端子周りの振動抑制と外部からの電磁波ノイズ侵入を防止することができるものである。

製品は2タイプ合計4機種で、ショートプラグタイプの「RES-RCA」(RCA)と「RES-XLR」(XLR)、ターミネータータイプの「RET-RCA」(RCA)と「RET-XLR」(XLR)。ショートプラグタイプは、アンプなどのデジタル/アナログ入力端子に使用し、ターミネータータイプはCDプレーヤーなどのソース機器のデジタル/アナログ出力端子に使用する。

同社らしい高いクオリティで作られたボディは航空機グレードのアルミ合金製で、内部配線には導通率105%を実現するPC-Triple C/EXを使用。つまり本機を用いることで、オーディオ機器の内部配線の一部をPC-Triple C/EX化することが可能となる。内部には天然水晶リング、天然シルクアブソーバー、貴陽石パウダー、リチアトルマリンパウダーがあり、PC-Triple C/EXや採用された蒸気素材の分子移動を利用した量子レベルの効果も期待できる。

試聴は筆者自宅リスニングルームで実施。試聴環境は、プリメインアンプ/ソウルノート「A1」、スピーカー/ディナウディオ「Special Forty」、CDトランスポート/カクテルオーディオ「X50Pro」、DAコンバーター/ソウルノート「D1」を使用している

他社が目をつけない先鋭的なプロダクトが得意なアコースティック・リヴァイブの新カテゴリー製品ということで、試聴前の気持ちはいやが上にも高まる。そしてその期待は確信へと変わった。予想以上に音質向上効果が高いのだ。

■サウンドステージに加わるホログラフィックな表現

前のページ 1 2 次のページ

関連リンク

関連記事