【特別企画】注目DAPと組み合わせて実力チェック

Campfire Audioの“新星”を速攻レビュー! 「IO」「POLARIS II」「ANDROMEDA」三者三様の魅力を実感

草野晃輔

前のページ 1 2 3 次のページ

2019年06月21日
ポータブルオーディオファンに大人気のイヤホンブランド「Campfire Audio」から、新星イヤホン3機種が登場した。1つは完全新作となる「IO」。残り2つは「POLARIS II」と「ANDROMEDA」で、こちらは好評を博したモデルをブラッシュアップした第2世代モデルとなる。いずれも「春のヘッドフォン祭」で参考出品されたため、気になっていた人も多いだろう。この3モデルを聴く機会を得たので、そのインプレッションを紹介しよう。

左から「POLARIS II」「IO」「ANDROMEDA」

設立わずか4年で、愛好家の心を掴んだ実力派ブランド

Campfire Audioは2015年に米国で設立されたオーディオブランド。高品質なリケーブルやポータブルアンプなどを手掛けていたALO audioを立ち上げた、ケン・ボール氏が代表を務めており、Campfire Audioが展開するのはイヤホンが中心だ。

設立から4年余りと若いブランドながら、歴史あるオーディオブランドが持つような、アイデンティティーと呼べるサウンドポリシーを確立している。一度聴いたら虜になることは請け合いで、多くのポータブルオーディオファンから熱狂的な支持を得ていることが、その証といえるだろう。

今回は、Campfire Audioが2019年6月に発売する新製品3機種を取り上げる。1つ目は、赤いボディがお洒落な完全新作モデルの「IO(アイオー)」(予想実売価格33,900円前後)。2つ目は青い筐体の「POLARIS II」(予想実売価格59,600円前後)で、2017年秋に発売された「POLARIS」の再チューニングモデルとなる。最後の機種が、モスグリーン筐体の「ANDROMEDA」(予想実売価格129,300円前後)。こちらは2016年に登場して以来、ロングセラーとなっている人気モデルをブラッシュアップしたものとなる。

外観こそ似ているものの、個性あふれる三者三様のサウンドを鳴らす

3機種は見た目こそ似ているが、サウンドは個性に溢れている。そこで、それぞれの価格帯に合わせたスタイルで試聴し、三者三様の魅力を探ることにした。

2BAイヤホンの新星「IO」は、中高域の表現力が魅力

最初に紹介するのは新作の「IO」だ。同社のイヤホンは、天文に関する言葉が製品名に付けられており、本機は木星の衛星イオに由来するという。衛星イオには400を超える火山があると言われており、本機の赤いボディカラーはこれにちなんだものだろう。

「IO」の名は、木星の衛星イオに由来。BAドライバーを2基搭載する新作イヤホンだ

筐体の素材はアルミニウム。搭載するドライバーはバランスド・アーマチュア型2基で、構成は特大サイズの低域用ウーファーと高域用トゥイーターの組み合わせとなる。そして内部には、音導管を使わない同ブランド独自の音響設計技術「Tuned Acoustic Expansion Chamber」(T.A.E.C)を採用する。

MMCX端子は、同社の従来モデルに装備していたものよりも耐久性が向上。さらにアイソレーションも良くなり、MMCX端子部が動いた時のノイズリスク軽減も図られている。リケーブルは「New Smokey Jacket Silver Plated Litz Cable」を付属する。これは、同社のイヤホンに付属していたALO audio製リケーブル「Litz Wire Earphone Cable」を改良したもので、材質こそ銀メッキ銅リッツワイヤーと同じだが、被覆が白から渋いグレーのものに変更となった。

MMCX端子はより耐久性に優れたものを採用した

また、従来品では4本のケーブルを編んでいたが、新ケーブルではもつれにくいというツイストデザインが採用された。実際、ケーブルを円く輪にしてまとめて置いた状態から拡げても、サッとほどけて絡みにくかった。もう一つ、ケーブルのMMCX端子近くの耳に保持する部分が、針金入りからカーブ成型された樹脂を用いた「モールデッドフック」タイプに変わった。これにより、保持性能はそのままに耳への当たりがソフトになっている。

本製品には、レザー製でえんじ色のキャリングポーチも付いている。従来モデルに付属していたケースは四角い形状だったが、こちらは半円形に変わり、コンパクトかつお洒落な印象になっている。

半円形に変わった新キャリングポーチ。レザー製でえんじ色を採用する

IOは、5月28日発売のアップルの新型「iPod Touch」を組み合わせて試聴した。試聴曲はいずれもCDからリッピングしたWAVファイルが中心だ。

高解像度かつ滑らかな中高域、ボーカルなど力強く再現

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事