会場限定販売の新モデル「EQUINOX」も

ミックスウェーブ、ヘッドフォン祭でCampfire Audioなど日本未発表新製品を多数参考展示

編集部:小野佳希
2018年10月22日
ミックスウェーブは、今週末10月27日・28日に中野サンプラザで開催される「秋のヘッドフォン祭 2018」での出展内容を発表。Campfire Audio初のカスタムイヤホン「EQUINOX」をイベント会場限定で販売するほか、FAudio、qdc、Unique Melodyといった同社取り扱いブランドの未発表または発売前新製品を多数参考展示する。


Campfire Audio「EQUINOX(イークィノックス)」は、春と秋、特定のシーズン、特定の場所のみで企画販売される特別なカスタムモデルとのこと。今回のヘッドフォン祭では事前抽選方式による限定20台の販売で、本日10月22日から明日10月23日23時59分までの期間で抽選への申し込みを受付ける。販売についての詳細はフジヤエービック公式サイトで確認できる。

3Dプリンターによってつくられるソリッドボディデザイン、「A.D.L.C(アモルファス・ダイヤモンド・ライク・カーボン)」でコーティングされた独自のダイナミック型ドライバー、ステンレススティール製エンクロージャー、銀素材のイヤホンケーブル「Pure Silver Litz Cable」などを採用したモデルという。なお、販売だけでなく同社ブースでの試聴展示も行われる。

Campfire Audioからは、「SOLARIS」「ANDROMEDA S」といった新製品も展示。 SOLARISは発売時期や価格は未定だが、ANDROMEDA Sは10月末に13万円前後での販売を見込んでいることも明らかにしている。

また、FAudioからは「春のヘッドフォン祭2018」に引き続き正式発表前の新製品「Major」を参考出展。こちらも10月末に13万円前後での発売を見込むという。

そして、qdcからは10 BAドライバー機「Anole VX」、Unique Melodyから9 BAドライバー機「MAVEN」の参考展示を行う。両機種とも日本での発売時期や価格は未定だとのこと。これら新製品については、搭載ドライバー数、筐体やケーブルの素材などの情報も公式サイトで紹介されている。また、別途ニュースリリースまたは同社SNSアカウント(
Facebook,、Twitter)で順次案内するとしている。

関連記事