【特別企画】効果的な活用方法とは?

フルテックのケーブルインシュレーター「NCF Booster-Signal」の活用方法を、専門店に聞く<part2>

季刊オーディオアクセサリー編集部

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2019年01月17日
オーディオ再生の音質向上に欠かせない、ケーブルのグレードアップ。しかしケーブル交換だけで安心はできない。その理由にクオリティアップ・ポイント“ケーブルの環境整備”が、残っているためだ。その対策としていま、「ケーブルインシュレーター」に注目が集まり、その筆頭製品として人気を得ているのがフルテックの「NCF Booster-Signal」だ。どんな効果があり、どう使いこなせば良いのか。音のプロフェッショナルであるオーディオ専門店と、実際に導入したユーザー達の率直な感想によりその魅力を検証する特別企画、今回は好評のpart1に続き、そのpart2をお届けする。

フルテック「NCF Booster-Signal」(19,800円・税抜)のセット。これに、ケーブル固定用リングを2個付属する

NCF Booster-Signal とは?
ケーブルの環境を整えて本来の伝送性能を引き出す

フルテックが開発した「NCF Booster-Signal」(19,800円・税抜)は、「ケーブル/コネクターホルダー」というジャンルの製品だ。弛みや垂れ下がり、また無用な力がかかりがちな各種オーディオケーブルとさまざまな端子周りを支えて安定させつつ、振動や静電気による悪影響を取り去る効果を発揮し、クオリティアップを実現してくれる、新しい応用・発展型アクセサリーである。

「NCF Booster」シリーズ用のオプション。(1)「TopClamp」(13,800円、税抜) (2)「Cradle-Flat」(12,000円、税抜) (3)「Extension Shaft Bar」(3,000円/10本セット、税抜) (4)「Shaft Bar Adjuster」(3,800円/2個、税抜)

オーディオ販売店とユーザーの実例に見る効果的な使い方を紹介-part2-

フルテックの「NCF Booster-Signal」は、さまざまなケーブル周りの環境を理想化することで、いままで埋もれていた音の情報を引き出す新しいクオリティアップ・アクセサリー。オーディオ専門店は、販売する機器やケーブル本来の性能を引き出すため、店内のデモンストレーションにも「NCF Booster-Signal」を積極的に活用している。音のプロとしての豊富な経験に基づき、確かな効果を評価しているからこそ導入し、自信を持ってお薦めしているといえるだろう。

では、オーディオ専門店は実際にどんな使い方をして、ユーザーにはどんな方法をお薦めしているのだろうか。販売店およびユーザーの実例から探る、第2回目をお届けする。

NCF Booster-Signalのお薦めする使いこなし − 甲府・グローバルオーディオ

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事