ケースと合わせて最大約24時間のワイヤレス再生

JBL、接続安定性や音量など基本性能を高めた完全ワイヤレスイヤホン「JBL FREE X」

編集部:川田菜月
2018年10月11日
ハーマンインターナショナルは、同社が取り扱うJBLブランドより、接続安定性などの基本性能を向上させたという完全ワイヤレスイヤホン「JBL FREE X」を10月26日から発売する。価格はオープンだが、公式通販サイトでの販売価格は14,880円(税抜)。

完全ワイヤレスイヤホン「JBL FREE X」

JBL FREE Xは、従来モデル「JBL FREE」の特徴を継承しながら、Bluetooth接続性、通話音量、音楽再生音量等の基本性能を向上させたという完全ワイヤレスイヤホンの新モデル。IPX5の防水性能を備えており、雨天時や汗などにも強いとしている。

ブラックの他、ホワイトカラーも用意

内部には5.8mm径ドライバーを搭載、イヤホンのJBLロゴ部分に操作ボタンを装備する。右側イヤホンにはマイクを搭載しており、1回押すと音楽再生/一時停止、もしくはハンズフリー通話に対応。2回押すとGoogle Now/Siriを起動する。左側イヤホンは曲送り/戻し操作が可能。また左側イヤホンの電源をオフにし、右側イヤホンのみで音楽再生や通話することもできる。

本体の連続再生時間は最大約4時間、充電ケースと合わせて最大約24時間のワイヤレス再生を実現する。急速充電にも対応しており、約15分の充電で最大約1時間の音楽再生が可能。

ケースと合わせて最大24時間のワイヤレス再生が可能

ケースのイヤホン収納部分にはマグネットを備え、収納時にはしっかりと吸着させることで落下や紛失を防止。またケースからイヤホンを取り出すとペアリングモードが作動し、スマートフォンなどとのBluetooth接続も容易だとしている。なお、Bluetoothの対応音声コーデックはSBCのみ。

人間工学に基づいた設計によりデザインされ、耳にフィットする快適な装着感を実現。3サイズのイヤーチップと2サイズのソフトカバーを付属し、さらに自分の耳に合わせた組み合わせを選ぶこともできる。本体カラーはブラック、ホワイトの2色を用意。

Bluetoothはバージョン4.2、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。周波数特性は10Hz - 22kHz。質量はイヤホンが約15g、充電ケースが約84g。充電用ケーブルも付属する。

関連記事