家族共用のマルチリモコンとしても活躍

発売から2年で「別物」に進化! 私が電子ペーパー学習リモコン「HUIS」を愛用し続ける理由

折原一也

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2018年08月24日
2015年にソニーの新規事業創出プログラムから誕生した、電子ペーパー搭載の学習リモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER」(以下HUIS。ハウスと読む)。僕はクラウドファンディングが発表された当時から取材し、2年以上に渡って製品を使い続けているユーザーの1人だ。

当サイトでも2016年2月の発売当初にレビューしたが(関連記事)、その後もHUISは数ヶ月ごとに継続してソフトウェアアップデートを行い、機能改善を続けている。

ソニーの学習リモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER」

HUISのハードウェアは、2017年11月にカラーバリエーションとしてブラックモデルが登場した以外、発表からなにも変わっていない。周辺機器もBluetooth接続クレードルが発売されただけだ。だが、ふつうのデジモノと比べて異例なほど手厚いサポートが続けられた結果、その中身は全くの「別物」に進化した。

今回は発売から2年以上が経過したHUISを、最新の情報と共に紹介していこう。

「家のUIを進化させる」リモコン

まず「HUISとは何か?」というと、発売時通りの説明をすれば「電子ペーパー採用の学習リモコン」となる。

HUISは電子ペーパー搭載の学習リモコン。電子ペーパー画面のタッチ操作で機器登録が可能

オーディオ&ビジュアル好きの方なら自宅に多数のAV機器があり、それぞれの操作用リモコンも多数、家中に転がっていると思う。もちろんどれも必須ではあるのだが、どんどんリモコンが増えていくのはスマートとは言えない。

そこでHUISがコンセプトとして掲げたのが「家のUIを進化させる」こと。その真意は、AV機器のみならず、テレビやオーディオ、エアコン、照明、扇風機……あらゆる機器をHUISに登録し、リモコン機能を集約することだ。

TV、BDプレーヤー、レコーダー等々、メジャーなハードウェアは登録済み

電子ペーパー搭載リモコン「HUIS」の意義

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連リンク

関連記事