RX0のアップデートも提供

ソニー、最大100台の「RX0」をPCからリモート操作できるアクセサリー「CCB-WD1」

編集部:小野佳希
2018年01月19日
ソニーは、サイバーショット「RX0」での活用などを想定したカメラコントロールボックス「CCB-WD1」を2月16日に発売する。価格は7万円。これに合わせ、無線LANのアクセスポイント経由でスマートフォンやタブレットから操作可能な「RX0」の無線接続台数を拡大するソフトウェアアップデートも提供する。なおCCB-WD1は受注生産品で、本日1月19日より受注予約受付を開始した。

CCB-WD1

カメラコントロールボックス『CCB-WD1』は、PCからLANケーブル経由でカメラコントロールができるというもの。カメラコントロール信号を有線LANでIP化することにより、離れた場所に設置した最大100台の『RX0』を手元にある一台のパソコンでリモートコントロールすることができるようになる。

CCB-WD1とRX0を使用した有線ソリューションでは、信頼性の高いカメラコントロールやファイルマネジメント、カメラ同期を実現。ソニーでは「プレミアムコンパクトRXシリーズの高画質技術を防水、堅牢な小型ボディに凝縮し、あらゆる場面で多様な視点からの自由な映像表現を実現するサイバーショット『RX0』を用いた複数台撮影の可能性をさらに拡げるものだ」とアピールしている。

例えばカメラコントロールでは、パソコンのウェブブラウザを使って、カメラのライブビューを離れた場所で確認しながら撮影(静止画/動画/スーパースローモーション映像)することが可能。設定変更、電源ON/OFFの操作もできるほか、複数台の同時操作も行える。

ファイルマネジメントにおいては、設置したカメラには触れずに、カメラ内のメモリーカードに保存されたコンテンツをパソコンに取り込むことが可能。また、ファイル名変更機能により、複数台のカメラから取り込む際に発生しがちなファイル名重複のトラブルも回避できる。

そして、カメラ同士のフレームタイミングを同期させるビデオシンク機能により、VR撮影やバレットタイム(タイムスライス)撮影など、複数の映像を繋ぎ合わせるコンテンツ制作の過程で発生する時間軸のズレを軽減。同時に、タイムコードを同期するTCシンク機能により、編集の負担を軽減し効率的な映像制作ができるようにも配慮している。。

そのほか、カメラコントロールボックスを用いて自身で撮影設定、撮影方法などを自由にプログラミングすることができる。

また、Wi-Fiでの無線ソリューションも可能で、配線が不要で容易に複数台をコントロールできるとソニーはアピール。従来、RX0で最大5台までの対応であったモバイル機器からの無線マルチカメラコントロールに加え、アクセスポイント経由での接続にも対応することで、最大接続台数を50台までに拡大する。
新着記事を見る
  • ジャンルデジカメ用PC接続キット
  • ブランドSONY
  • 型番CCB-WD1
  • 発売日2018年2月16日
  • 価格70000
【SPEC】●外形寸法:59.0W×40.5H×29.8Dmm ●質量:約90g

関連記事