「一度は聴いてほしい」個性に溢れる

“イヤホン切り込み隊長”が自腹を切った! AKG「N5005」購入を決めた『5つのポイント』

編集部:成藤正宣

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2018年07月12日

メタルもハードロックも好物だが、エレクトロニカやジャズも好き、クラシックもそれなりに聴く、と広く浅くジャンルをかいつまむ自分にとって、MID HIGH BOOSTフィルターはいずれにも対応できる優秀な “第2のリファレンス” だ。

イヤーピース選びも奥が深い。同梱されているオーソドックスなシリコンチップと、同じシリコン系で特に装着感が良く、高音が強化されるSpinFitが用意されているが、別売のイヤーピースでさらなる可能性を探すのも楽しい。

右からSednaEarfit、SpinFit、標準シリコン、BULLETZ MERCURY、Crystal Tips

自分が試して手応えがあったのは、シリコン系イヤーピースのAZLA「SednaEarfit」、フォームイヤーピースのCrystalline Audio「Crystal Tips」と、DEKONI Audio「BULLETZ MERCURY」。いずれも取り付け口径はほぼピッタリだ。

今年5月に現れた新進気鋭のシリコンイヤーピース・SednaEarfitは、付属のスタンダードなシリコンチップよりも音の輪郭がクッキリとする。長い軸のためか装着感もよいので、個人的な使用頻度は最も多い。フォームチップに比べて耐久性が高いのも利点だ。

フォームチップ系は、中〜低音にかけてふくよかになる点は共通なものの、細かな部分はブランド毎に差が出る。表面を独自のフィルムでコーティングし、しっとり滑らかに仕上げたCrystal Tipsは、フォーム系としては高音の存在感が強く派手め。全長がやや短く、表面をサラッと仕上げたBULLETZ MERCURYは、高音の響きが少し乾いた感じになり、これも味がある。

ケーブル、フィルター、イヤーピースで、幅広く「自分好み」を追求していける

フィルター交換という固有の要素と、音、装着感、耐久性に応じて選べるイヤーピース。さらにケーブルも加えれば、カスタマイズは何十通りにもなる。N5005の個性が気に入れば、さらに自分好みへ弄り、楽しむことができるのだ。



ここまでN5005購入の決め手となった5つのポイントを述べてきた。これらはすなわち、N5005が持つほかにはない魅力であると断言できる。

豊かで特徴的な低音とそれに引けを取らない中高音、所有欲を満足させる高級感、カスタマイズの幅の広さを備えるN5005。自分にとって “手元に置いておきたい” と確かに思わせる、価格に見合う個性が溢れた逸品だ。繰り返しになるが、この個性に自分は惚れ込んでいる。

もちろん、好みによって合う/合わないこそあるだろうが、まだ聴いたことが無いというオーディオファンには、「一度は聴いて欲しい」と自信を持ってオススメしたい。

(編集部:成藤 正宣)

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事