編集部員が感じた魅力をぶつけ合った

自腹で買うならどっち? AKGの2大NCヘッドホン・イヤホン「N60NC WIRELESS」「N20NC」

ファイルウェブ編集部

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2017年10月13日
AKGから発売されているノイズキャンセリング(以下、NC)製品、ヘッドホンの「N60NC WIRELESS」とイヤホン「N20NC」。ベルリン出張に出かけた編集部の風間と小野が、両モデルの実力を検証した。

N60NC WIRELESS(¥32,880 / 税抜)

N20NC(¥14,880 / 税抜)

なお、今回は行きと帰りでそれぞれ試す機種をチェンジ。それぞれの機種をじっくり使い込んだ。2人が気にいったモデルとは…?

■"ふわとろ系"装着感「N60NC WIRELESS」

風間まずはじめにはっきり言っておきたいのは、「N60NC WIRELESS」と「N20NC」を1週間以上使い倒したけど、結果、どちらも気に入ったということ。どっちもすごく良い製品で、本気でおすすめできる。

小野のっけから結論ですか。けど僕も同意です。

風間AKGのノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンの良さを再認識したよね。でも褒め殺してばかりじゃつまらないので、最初に「自分が自腹で買うならこっち!」というモデルを挙げてみよう。まずは小野くんから。

小野僕は断然「N20NC」ですね! もともとヘッドホンよりイヤホン派ということもありますけど、このモデルはホント優秀。出張から帰ったあとも、通勤電車の車内で使ってます。

編集部小野イチ押しはイヤホンのN20NC

風間俺は、自腹なら「N60NC WIRELESS」の方を買うな。N20NCもよくできてるけど、N60NC WIRELESSが実売3万円ちょいというのは、はっきり言ってバーゲンプライスでしょ。

編集長風間のイチ押しはヘッドホンのN60NC Wireless

小野他社のノイキャン+ワイヤレスは4万円程度のものが多いから、確かにお手頃ですね。

風間他社にもノイズキャンセリング+ワイヤレスイヤホンはいくつかあるけど、他社のが耳をすっぽりと覆うアラウンドイヤーが多い中、N60NC WIRELESSはオンイヤータイプで、耳に乗っけるスタイル。まずそこが尖ってる。

小野オンイヤーでノイキャン、しかもワイヤレスというのは確かに少ないです。

風間アラウンドイヤーよりハウジングが小さいから、より小さく折りたためる。しかも信じられないくらい軽い! これがオンイヤーのいいところだよね。あと、見た目が格段にスマート。

折りたたむとこんなにコンパクト!

でも一番気に入ったポイントとして声を大にして言いたいのは、装着性がめちゃめちゃよいこと! 側圧が「俺の頭にジャストフィットするようにオーダーメイドしたんじゃないの?」というくらいピッタリ。しっかりと、それでいて優しくホールドする。最初に着けたときは、あまりの心地よさに思わず声を上げてしまったほど。

小野読んでるみなさん、大げさに聞こえるかもしれませんが、ウソじゃないんです! そんなわけないのに、自分向けに作られたんじゃないかという錯覚に陥るほどなんです。

N20NCを気に入っているはずの小野も認める装着感

風間AKGはオーストリアのブランドで、世界中のユーザーをターゲットにしているはずだよね。それが純日本人の、しかも自分の大きい頭にまで、ここまでピタッとフィットするのは不思議としか言いようがない。バンドに秘密があるのかも。

小野イヤーパッドの素材も相当効いていると思いますよ。

風間そう、このイヤーパッドの触感がフワフワでトロトロ!

編集長風間はふわとろイヤーパッドがお気に入り

小野ふわとろ系ですね。試しに指でイヤーパッドをぐっと押し込むと、すーっとゆっくり戻るじゃないですか。この柔らかさが装着性の良さにつながってますよね。店頭にN60NC WIRELESSがあったら、騙されたと思って一回着けてみて欲しい!

ノイズキャンセルが必要な場所にピッタリのデザイン!

前のページ 1 2 3 4 次のページ