銘機が進化

HDR対応+レーザー光源のフラグシップ画質を堪能。エプソン「EH-LS10500」レビュー

大橋伸太郎

前のページ 1 2 3 次のページ

2017年06月23日
エプソンはエントリーからハイエンドまでの幅広いクラスの液晶プロジェクターをラインナップし、そのすべてがハイクオリティであることで知られる。そんな同社のフラグシップである、レーザー光源を搭載した「EH-LS10500」も当然ながら熱い注目を浴びている。最上位モデルの実力を大橋伸太郎氏がレポートする。

EH-LS10500

レーザー光源搭載の最新モデル

ビデオプロジェクターは変化の時期にある。固定画素方式になって以来、光源にキセノンやUHPに代表される放電灯(ランプ)が使われてきたが、いまレーザー光源がそれに取って代わろうとしている。レーザーダイオードの場合、放電灯と異なり波長の異なる複数の光源を併用することが可能だ。その結果、色域を拡大でき、発色の設定上の自由度が高い。

日本で初めてホームシアター用プロジェクターにレーザー光源を導入したのがエプソンだ。3LCD方式の「EH-LS10000」は4K相当の解像度(4K信号を入力し、4Kエンハンスメントテクノロジーによる4K相当の高画質で表示)を達成したばかりでなく、波長と光効率を異にした二種の青色レーザーダイオードを使用し、色域はDCIやAdobe RGB領域までカバーする。

さらにレーザーダイオードの光出力の制御が瞬時にできる特徴を活かし、輝度信号のないフレームを検知すると完全に消灯。0ルーメン(lm)、つまり完全な黒の再現が可能になった。消灯状態からの復帰も俊敏で映像の遅れがない。

EH-LS10000に搭載されたレーザー光源システムの効果は絶大で、映像が暗くなり視野が完全な黒に変わるとスクリーンの闇に吸い込まれゾクッとするような没入感が味わえる。ホームシアターファンはずっとこの瞬間を待っていた。ホームプロジェクター新時代はEH-LS10000によって開幕した。

EH-LS10000は発売以来、4K解像度プロジェクターのなかでもコントラストと黒表現にかけて最右翼の製品として高評価を得たが、一昨年4K UHD BDが導入開始されると、そのコントラストに関わる新規格、HDRへの対応が課題になった。そうして4Kレーザー光源反射型液晶プロジェクターの第二世代が発売された。「EH-LS10500」である。

LS-10500の背面部。カバーを外すと端子部が確認できる。ケーブルはカバーの下を通すことで、端子部周りを常にカバーで保護することができる

EH-LS10500は、HDRに対応しカラーモード設定を変更した以外大きな変更はなく、基本的にEH-LS10000の内容を引き継ぐ。この価格帯で唯一レーザー光源反射型液晶を搭載した、0ルーメンの漆黒や広色域といった優れた再現力に自信があるのだろう。読者の興味は本機がHDRソフトをどう映し出すかに尽きると思うので、回り道は止めて4K UHDソフトの視聴レポートからスタートしよう。

本体側面に操作ボタンを装備。付属のリモコンのほか、本体からも操作が行える

HDRコンテンツで画質をチェック

前のページ 1 2 3 次のページ