EH-LS10000の後継機

エプソン、HDR対応のレーザー光源4Kプロジェクター「EH-LS10500」

編集部:小澤 麻実
2016年10月26日
エプソンは、反射型液晶とレーザー光源を搭載したホームシアター用4K対応プロジェクターとして、HDR対応の「EH-LS10500」を12月に発売する。価格はオープンだが、約80万円前後での販売が予想される。

EH-LS10500

昨年春に発売された「EH-LS10000」(関連ニュース)の後継機。

デバイスには0.74型ワイドポリシリコンTFT反射型液晶パネルを搭載。方式は3LCD Reflective方式となる。

デバイス自体の画素数は1,920×1,080だが、画素ずらし技術を用いることで4K映像の表示に対応。4Kは3,840×2,160と4,096×2,160にそれぞれ対応しており、4K/60p入力(4:2:0)も可能だ。

新たにHDR入力信号の表示に対応。コンテンツにあわせてHDRのモードを選択できる。HDRに対応させるため、新たな映像信号処理回路を搭載したとのこと。

光源にレーザーダイオードを採用したことが大きな特徴。レーザーは点灯と消灯を瞬時に切り替えられるため、光源をオフにすることで全黒0ルーメンを実現できる。また色域も広く、DCIおよびAdobe RGBをフルカバーする。輝度は1,500ルーメン。さらに、光源寿命が非常に長いこともメリット。30,000時間の使用が可能とのことだ。

画像の解像感をアップさせる「超解像」や、映像の明暗を強調し質感や素材感を整える「ディテール強調」、前後のコマから中間のコマを自動生成する「フレーム補間」などのメニューも用意。3D映像の投写にも対応しており、明るい3D映像を実現する「Bright 3D Drive」も用意している。そのほか、視聴環境や映像に合わせて最適な8つの「カラーモード」を選ぶことも可能だ。

レンズは2.1倍の電動ズームフォーカスレンズで、F2.5-3.7、f値は21.3-44.7mm。上下90%、左右40%の光学レンズシフトも可能だ。フォーカス、ズーム、レンズシフトで調整したレンズの位置は10個まで登録できる。投写サイズは30〜300型。騒音レベルを下げるための工夫も行い、ランプ輝度 LOW時で騒音レベル19dBを実現している。


なお本モデルは、11月16日から20日までiTSCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズで行われるイベント「体感!dreamio style 〜ホームプロジェクターのある暮らし〜」にも早速登場し、その映像を体験することができる。イベントの詳細はこちら

関連リンク

関連記事