ネットオーディオ音質改善の強い味方

かゆいところに手が届く! iFI-Audioのネットオーディオ向けアクセサリー群を一気に試す

逆木 一

前のページ 1 2 3 次のページ

2016年11月22日

■iFI-Audioの新技術も搭載したS/PDIF対策アイテム

iFI-Audioのアクセサリーは基本的にUSBと電源関連が多いが、ネットオーディオの現状を踏まえ、それ以外の部分で対策を行うものも投入されている。

iPurifier SPDIF/¥18,500(税別)

iPurifier SPDIF(製品DB)はその名の通りS/PDIF信号のノイズやジッターを除去するアクセサリー。192kHz/24bitまでのPCMやDoPに対応し、ドルビーデジタルやdtsの伝送も可能。本機には信号の再クロックと再生成、ガルバニクアイソレーション、高精度なクロックの搭載など、iFI-Audioが培ってきたさまざまな技術が妥協なく盛り込まれている。

使用には他のiPurifierとは異なり別途電源が必要だが、AVアンプに接続したOPPOのBDプレーヤーやPS4で試してみたところ、音場の見通しが良くなるなど、ノイズ低減の効果が感じられた。S/PDIFはApple TVやChrome Cast、ゲーム機などでも広く使われており、いわばカジュアルな機器であっても差別することなく、可能な限り高音質で楽しんで欲しいというiFI-Audioの姿勢を感じる。

AVアンプのRCA同軸端子に使用したところ。iPurifier SPDIFも使用用途が極めて広いアクセサリーだ

PS4にiPurifier SPDIFを接続したところ。RCA端子は丸型光TOSとのコンボジャックとなっている

確かな技術に裏づけられた積極的に使いたいアイテム達

iFI-Audioのアクセサリー群はユーザーのさまざまな要望に応え、かつ確実な効果が期待できる。それでいて価格はどれもリーズナブルなので、ある程度気軽に導入できるところも嬉しい。しかも、iFI-Audioの場合は、それぞれがどのような意図を持って、どのような技術で音質向上を行っているのかもはっきりとしている。これほど安心して使えるネットオーディオアクセサリーは、極めて貴重な存在だ。

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク

関連記事